環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

観測条件は20年で最高となる流星のシャワー、12月14日~15日が最大量となるふたご座流星群を観測しよう!
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e9


 毎年この時期、地球へと降り注ぐ大量の流星がある。3大流星群の一つ、「ふたご座流星群」と呼ばれるものだが、今年は、12月11日が新月のため、月の明かりの影響を受けにくく観測には好条件となる。過去10年と今後10年を合わせた前後20年でもっとも観測条件が良いそうだ。



 2015年のふたご座流星群の活動の極大は、日本時間の12月15日3時頃である。たくさんの流星が見られる最大のピークは12月14日午後8時から15日3時頃だ。晴れた暗い場所なら、最大で1時間に40個以上の流星が観測できるというのだから、願い事は40個くらい用意しよう。





GEMINID METEOR SHOWER - Dec 13th -14th

 

 天気予報によると、14日夜は九州が雨、本州が曇りから晴れとなっている。今日の夜から既に流星を見ることができるはずなので、お空の動きを観察しよう。そしてまた、今のうちにてるてる坊主を仕込んでおこう。



 国立天文台では、ふたご座流星群が活動する時期に合わせて「ふたご座流星群を眺めよう 2015」キャンペーンを行っている。以下のサイトにアクセスして、観察結果を報告しよう。



ふたご座流星群を眺めよう 2015

10


観察に最適な日時

・12月12日から16日までは観測することができる。

・最大のピークは12月14日夜から15日未明

・最適な観測時間帯は午後8時からで特に午後10時頃から未明までが絶好調となる。



観察に最適な方角

・空の広い範囲が見渡せればどの方向からでも見ることができる。

 

 ふたご座流星群の放射点は、ふたご座のカストル(2つ並んだ明るい星のひとつ、白っぽい色のほう)のすぐ近くにある。流星群の流星は、輻射点を中心に放射状に出現する。なので流星は夜空のどこにでも現れるのだ。



名称未設定-1


 観察するときには放射点の方向にはあまりこだわらず、できるだけ空が広く見渡せる場所を選んで、空の広い範囲に注意を向けるようにしよう。



 ということで以下の画像はこれまでに世界各国で観測されたふたご座流星群。こんなに美しい流星が見られるチャンスが到来なのだから、ワクワクしながらテルテル坊主だ。



1_e8


2_e7


3_e8


4_e8


5_e7


6_e7


 via:dailymail


☆今日ならまだ、間に合うでぇ~!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.