環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

宇宙の深淵がこれ1枚でわかる!円形の中に宇宙空間を閉じ込めた宇宙地図
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

no title


 宇宙の端っこはどうなっているのか?いまだわからないままに宇宙は膨張を続けている。もしかしたら、現在考えられている宇宙よりも、更に巨大な宇宙が、この宇宙の外側にあるのかもしれない。



 あまりにも巨大すぎて想像が追いつかないレベルの宇宙だが、観測できるレベルでの宇宙ならこの1枚の地図で確認することが可能だ。



 南米のアーティスト、パブロ・カルロス・ブッダシは、スローン・デジタル・スカイサーベイ(SDSS)プロジェクトで収集されている300枚もの天体データや米プリンストン大学の天文学者によって作成された宇宙の対数地図、さらにはNASAの公開している宇宙映像を元に、詳細な宇宙地図を円の中に閉じ込めた。



3


 ブッダシは息子の誕生日に六角形を畳んで開くと絵柄が変わる折り紙「ヘキサフレクサゴン」を作っていた時、このアイディアを思いついたという。



 ちなみに、SDSSは専用の光学望遠鏡によって全天の25%以上の範囲を観測し、その範囲内に含まれる銀河やクェーサーの位置と明るさ、距離を精密に測定することによって詳細な宇宙の地図を作りあげるというアメリカ、日本、ドイツの3カ国共同でスタートしたプロジェクトである。



 1999年、望遠鏡とCCDカメラ、分光装置が完成し観測が開始され、およそ5年間の観測期間を経て、2005年には初期目標であった全天の25%における天体探査を終了した。



 総観測天体数は約2億個に達し、これをもとにそれまでで最も詳細な宇宙の3次元地図が作成された。ブッダシはこの3次元地図や宇宙の対数地図、NASAの撮影した実際の惑星を組み入れて宇宙地図を作成したのだ。



4
プリンストン大学の対数地図



 円形に組み入れるため、地図の中央にある天体が外側の縁にある天体よりも大きく描かれているという。

2


 中心には太陽があって、そこに我々の地球があるよ

00
iflsciencemetro・.ibtimes



 この動画はSDSSの天体画像40万枚を元に作られた宇宙空間を旅している気分になれる映像である。



A Flight Through the Universe, by the Sloan Digital Sky Survey


☆宇宙の端っこは、人間の目では見ることができません!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.