環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

アリの脳を書き換えて行動を変化させることに成功。将来的には人間にも応用可能と科学者(米研究)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e0


 自分の意志とは無関係に自分の行動が決定づけられてしまう。そんなSFライクな未来もそう遠くないのかもしれない。



 最新の研究では、アリの個々の脳のプログラムを書き換えることに成功している。これはアリの遺伝子活動を投薬で調整することで実現された。将来的には人間のような他の動物の行動を書き換えることも可能になるかもしれないそうだ。

 アリの採餌活動を書き換えることに成功したのはアメリカ、ペンシルベニア大学のシェリー・バーガー教授らだ。同教授らは、DNAの配列を変化させずにエピジェネティック(後成的)に遺伝子をオン/オフする方法を研究している。



 研究対象となったオオアリの巣には2種類の働きアリが存在する。主要な働きアリは大きな頭と顎を持つがっしりとした身体つきをしており、大きな餌の収集や巣の防衛を担当する。一方で、ずっと小さいが戦略的な働きアリもいる。こちらは他のアリを動員しつつ忙しなく餌を集め、数の上では大型働きアリの2倍いる。



3_e1


 バーガー教授らの先行研究からは、どちらの種類の働きアリも同じ遺伝子が発現しており、それ以外の要因によって大型となるか小型となるか決まることが明らかとなっていた。また小型働きアリは脳の発達に関与する遺伝子が活発であることも判明していた。



 細胞内のDNA鎖はヒストンというボール状のタンパク質の周りに巻きついており、これがより大きなタンパク質複合体にしっかりと包まれている。しかしヒストンにアセチル基を加えアセチル化させると、これが緩まりDNA鎖が露出するため、遺伝子の転写が容易になる。こうして化学的な”付箋”を付けたり、剥がしたりすることで遺伝子の発現を制御する。



1_e1


 バーガー教授らが発見したのは、このエピジェネティックな修飾を利用してアリの行動を変化させることである。例えば、小型働きアリにアセチル基の除去を阻害する薬を経口投与したところ、アリの採餌行動が活発になった。反対にアセチル化を阻害する薬を経口投与すると、そうした行動は抑制された。

 

 一方、大型働きアリの場合、阻害薬の経口投与によって採餌行動が変化することはなかった。しかしまだ未成熟のアリの脳に阻害薬を注射すると、採餌行動が小型働きアリと同じ程度まで活発になった。一度の注射で最大50日間活動レベルが持続したという。これは、若いアリの脳の後成的な変化を受容できる期間が決まっていることを示唆している。





How can Ants behaviour be changed? Researchers explain



 本研究のキモとなったのが、CBPというアセチル基をヒストンに加える酵素だ。従来CBPはマウスの学習や記憶、あるいは人間の特定の認知条件と関連付けられていた。これがアリの社会的行動の形成に重要な役割を果たしているという事実は、アリ研究から社会組織の理解に役立つ幅広い含意を得られることを示唆している、とバーガー教授は説明する。



 本研究の結果は、アリ、ひいては他の動物の行動的展性をヒストン修飾を通じてDNA配列を変えることなく制御できる可能性を示唆しているという。



via:sciencemagsciencedailydailymail



 ちょっとした注射を打たれるだけで、その行動が別人のように変わってしまうとかこれどんなSF小説って話だが、あと数十年後くらいには本当になりそうで怖い。寝ているうちに注射とかされちゃったらと思うともうね、ワクワクして眠れないじゃないか。

☆単能工を扱っている会社は、試験段階でもいいから導入せねばならん!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.