環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

人類の終焉はデザイナーズベイビーによってもたらされる。子供の遺伝子操作によって人類の新種が誕生する可能性
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e1


 人類を滅亡させるのは戦争でも、政治でも、貧困でもないのかもしれない。天文学者として地球外知的生命体探査(SETI)のディレクターを務めるセス・ショスタク氏によれば、人類の終焉はデザイナーズベイビーと人工知能によってもたらされるらしい。



 「私たちはちょうど狼から犬が生まれたように、やがて私たちとは違う子孫を作り出すでしょう」とショスタク氏はSETIについての見解を示す中でコメントした。

 「新聞を賑わし、毎晩のニュースで偉そうに語られるような、現在の様々な自己破壊的な脅威のことを言っているのではありません」と前置きしたショスタク氏は、21世紀に起きる3つの出来事はこれまでになかった深淵な影響を持つが、必ずしも悪いことではないと語る。



1_e2


遺伝子操作されたデザイナーズベイビーの誕生



 ショスタク氏が予測する最初の変化は、分子レベルにおける生物の完全な理解だ。その結果、人類はあらゆる疾病を治癒可能となり、”デザイナーズベイビー(受精卵の段階で遺伝子操作を行い優れた能力を獲得した子供)”の時代へと突入する。



宇宙開拓時代へ突入



 宇宙への進出もある。彼によれば、銅、亜鉛、プラチナなどの資源を得るために、人類は付近の宇宙に足を踏み出すという。これは人口過剰問題を軽減することにもつながる。



 「子孫が月や火星に植民地を作ることは誰もが想像しますが、それより素晴らしいのは宇宙服なしで生活できる巨大な、軌道上の居住区を建設することです。国際宇宙ステーションを数千倍にもしたようなものですよ。そうした工学的環境の中で無数の人間が暮らせるようになります」



汎用人工知能(GAI)の脅威



 だが人類を今の姿から変えてしまうのはデザイナーズベイビーとスペースコロニーだけではない。2100年がやってくる前に、汎用人工知能(GAI)が登場するとショスタク氏は予測する。これにより、それまで人間が行っていた仕事は機械に取って代わられる。



 「こうした機械は必ずしも大きいとは限りません。脳内のシナプスは数千ナノメートル程度の大きさです。チップに搭載されるトランジスターその数百倍は小さいでしょう。人間の知能を取って代わるようなハードウェアは、今日でさえiPadに詰め込めてしまうんです」



 こうした発展は、長い間に政治、戦争、経済などにおける問題を些細なことにしてしまう。だが、それらは私たち人類をも変えてしまう、とショスタク氏。



 「スペースコロニーに大勢の人が住むようになれば、一種の種形成は間違いなく起こります。どうあがいても物理環境は地球のものとは異なるわけで、歴史が社会的環境が特殊なものになることを示しています。今から1,000年後の未来、火星コロニーの住人は地球で暮らす人とはちっとも似ていないかもしれません。子供の遺伝子操作が、種の変化をさらに早めるでしょう」



2_e2


 非常にドラマチックな変化にも聞こえるが、人類に最も大きな影響を与えるのは、超知能を備えたサイボーグだという。



 「子孫を改造することは、テクノロジーの力で生まれる後継種に取って代わられることに比べれば小さなことでしょう。おそらく脳にチップを埋め込んだり、単純に脳を機械にアップロードしたりといった方法で、文化や自分たち自身を繁殖させることは可能でしょう。ですが、その結果が5万年の間、私たちが見知ってきたホモサピエンスと違う存在であることはきっと納得してくれるでしょう」



 ショスタク氏が予測する人体の機械化は、現在発展が目覚しい分野である。例えば、2016年アメリカ大統領選挙候補者であるゾルタン・イシュトヴァン氏は、死を克服しようとしている。彼は科学技術によって、人類に変革をもたらそうとするトランスヒューマニストである。イシュトヴァン氏は大統領選挙をきっかけとして、人工心臓、脳インプラント、外骨格スーツなどのサイボーグ化を加速することを狙っているそうだ。



via:dailymail

☆長生きしてぇ~!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.