環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

11月13日金曜、正体不明の宇宙ゴミが地球に突入しインド洋に落下。
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_e43


 「WT1190F」と命名された宇宙のゴミが、11月13日の金曜日(日本時間15時20分頃)にインド洋上空から地球に突入する。スリランカ南端から65km離れた海上に落ちる予定で、大きさは1~2メートルほど。大気圏に突入する物体の衝撃を正確に予測できる数少ない宇宙物体であるとして、欧州宇宙機関は観測の準備を進めている。



 WT1190Fは月の遙か向こう側を軌道する宇宙ゴミの”失われた”一部である。これまで未確認のまま無視されてきたものが、今年10月になって望遠鏡によって確認された。宇宙ゴミの正体が何なのかはまだ推測の域を出ない。

 欧州宇宙機関の地球近傍天体局は物体が地球に突入する瞬間を観測しようと計画している。このイベントは大気圏に突入する物体を観測できるだけでなく、潜在的な危険がある宇宙物体が現れた際の対処方法を検証する科学的機会でもある。



 WT1190Fは米アリゾナ大学が実施する地球近傍天体の捜索を主目的としたカタリナ・スカイサーベイによって発見された。発見当初、この奇妙な物体について判然としなかった。しかし、観測を進め、望遠鏡の記録から2012年と2013年の目撃データを解明することで、間もなくその軌道の計算に成功する。



3_e36
地球との衝突軌道を飛来する宇宙ゴミの欠片を捉えた、ハワイ大学の2.2m望遠鏡の画像



落下地点は?安全性は?



 軌道は楕円形であり、地球と月の2倍の距離を往復している。しかし、計算によれば、UTC6時20分(日本時間15時20分)頃、スリランカ南端から65km離れた海上に命中する。大部分は大気中で燃え尽きると予想されているが、万が一燃え残ってもその破片は小さく、海上に落下するため、大きな危険はないとしている。



4_e34


WT1190Fの正体は?



 大きさは1~2mほどで、その弾道から低密度で、おそらく空洞であることが判明している。このことが人工的な物体であることを示しており、ハーバード・スミソニアン天体物理学センターのジョナサン・マクドウェル氏曰く、「我々を悩ませるために舞い戻った宇宙の歴史の失われた一片」である。



 具体的には、最近の月ミッションで廃棄されたロケットのステージかパネルが指摘されている。あるいは数10年前の、場合によってはアポロ計画時代まで遡る破片である可能性もある。



 2002年に発見された地球を周回する物体は、最終的に2度目の月有人宇宙飛行で打ち上げられたサターンV型ロケットの廃棄部品であると特定された。



2_e39


 今のところ、遠軌道で追跡されている人工物はわずか20個程度しかない。地球-月系周辺には他にも宇宙ゴミが存在すると考えられるが、正確な数までは不明だ。気づかれていない可能性もあるが、それ以外に地球まで戻ってきた物体は知られていない。



 今後WT1190Fのスペクトル情報が分析され、正体の特定がなされる予定である。また、船や航空機からの衝撃観測も期待されている。しかし、この類の物体の共同研究はこれで最後になる可能性もある。



 地球近傍天体とは異なり、地球の彼方へ飛び立つ宇宙ゴミはあまり注目されず、予算的にも厳しいのが現状だからだ。宇宙ゴミを追跡する米軍は、WT1190Fを特定し、その経路を予測するだけの能力はないと発表している。



via:nature・..esanature

 13日の金曜日にちょっとビクついたわけだが、海の上に落ちるということだしそこまで危険はないだろう。天文学者たちにとっては観測の絶好のチャンスである。その落下の瞬間は観測者からの映像を待つことにしよう。

☆去年の話です。

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.