環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

NASAも興味津々。カザフスタンで発見された謎の巨大な地上絵
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

00_e0


 カザフスタン上空を通過する宇宙時代のテクノロジーが古代のミステリーを発見した。カザフスタン北部ツルガイ地方の大草原地帯に描かれた巨大なステップ・ジオグラフ(大草原地帯の地上絵)が衛星写真によって捉えられたのだ。



 上空からしか認識することができないサッカー場程の大きさを持つ幾何学模様は、8,000年前のものと推測されている。


 発見者はカザフスタンの経済学者であり、考古学ファンでもあるドミトリー・デイ氏だ。2007年にグーグルアース上で偶然発見された幾何学模様は、昨年イスタンブールで開かれた考古学学会で発表された。



 地上絵は260個以上の盛り土、溝、壁で構成され、5種類の基本形状からなる。付近の村に因んでUshtogaysky Squareと呼ばれる最大の地上絵は、101個の盛り土で描かれた四角形で、角が十字の対角線で結ばれている。三本腕の卍のような形状で、腕の先端が反時計回りにジグザクに伸びたものもある。



 最近、NASAまでもがこの地上絵への関心を示し、約700km上空から撮影した鮮明な衛星写真が公開された。この写真は国際宇宙ステーションのミッションにも追加されている。



0_e8
最大の地上絵は、付近の村に因みUshtogaysky Squareと名付けられた。



 デイ氏は、宇宙人やナチス(ヒトラーが登場するはるか以前から卍はほぼ普遍的なシンボルであった)の関与を否定する一方で、イギリスのストーンヘンジやペルーのチャンキロ遺跡のような日の出を観察するための観測台だったのではないかと推測している。



1_e12
カザフスタンの草原に広がる地上絵の1つ、Bestamskoe Ring



 1億年前の白亜紀、ツルガイは現在の地中海になる海から北極海へと続く海峡によって分断されていた。ステップが広がる肥沃な土地は、獲物を求める石器時代の人々にとっては格好の目的地であった。デイ氏の調査によれば、紀元前7,000~5,000年頃に栄えたMahandzhar文化が関連している可能性があるという。



 しかし、専門家は、この地に遊牧民が留まり、当時1.8~3m(現在は90cm程)はあったと思われる壁や盛り土を築くために、木々を伐採し、湖底の堆積物を掘った可能性に驚きを隠せない。



2_e12
3本腕の卍、Turgai Swastika



 カナダ、ウィニペグ大学の考古学者パーシス・B・クラークソン氏は、この幾何学模様やペルーやチリにある似たような地上絵は、初期の遊牧民についてのこれまでの見解を変えつつあると説明する。



 大規模なプロジェクトを遂行するために大人数が集まったという可能性は、先史時代に定住し、社会を文明化したような大規模な組織が洗練されてきた時期や性質について再考を促すことになるという。



 イギリス、ケンブリッジ大学とカザフスタン、コスタナイ大学の研究者の調査からは、遺伝物質は発見されておらず、これらが古墳である可能性は否定された。また、光刺激ルミネセンスによってイオン化放射からのドーズ量を分析したところ、盛り土の1つは紀元前800年頃のものであることが判明した。



 他の予備調査からは最も古い時期のもので8,000年前のものという結果も得られており、こうした遺跡の中では最古のものである可能性も浮上している。また、中世期頃の物質も発見されている。



3_e11
Big Ashutastinsky Cross



 カザフスタン政府は徐々にであるが遺跡の調査と保全に動き出しており、ユネスコの世界遺産登録も睨んでいるようだ。しかし、残念なことに一部の地上絵は発見後道路が建設され、破壊されてしまっている。公的な研究機関の参加で、保全活動に拍車がつくことを期待したい。





NASA Sparks Interest in Enigmatic Earthworks of Kazakhstan

via:.rtnytimesdailymail

☆グ-グルアースも宝の宝庫か?

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.