環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

ついに明かされる!CIAがUFOや宇宙人に関する「Xファイル」を機密解除
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e23


 UFOや宇宙人などに関する200件以上にもおよぶ極秘資料の機密指定が解除された。CIAの公式サイトには、SFテレビドラマ『Xファイル』に登場する「モルダー捜査官が是非とも欲しいCIA文書トップ5」や「スカリー捜査官が是非とも欲しいCIA文書トップ5」といったファイルが公開されている。いずれも1940年代後半から60年代にかけてのもので、これまで最高機密であったものだ。

 機密解除された公文書は1940~1945年代にかけて複数の未確認飛行物体(UFO)が報告された件について調査したものである。



1_e24


 これらのの調査報告書は、UFO肯定派、懐疑派を問わず興味を惹かれるはずだ。一部の文書は、UFOを目撃したという事実の裏付けはなされていないとしている。



2_e22


 その1つは、1952年の東ドイツでの目撃事例調査に関するものだ。文書によれば、直径15mほどの”巨大なフライパン”が当時ソ連領だった森の中の空き地に着陸するのを男性が目撃した。バイクで帰宅途中だった父と娘が現場に近づくと、金属的な光沢を持つ服を着た人物2名が地面の上を調査している場面に出くわし、その先に巨大なフライパンがあったという。これに類似した空飛ぶ円盤は北アフリカやスペインでも目撃されていたようだ。



 宇宙人に関連するとされる3枚の写真もある。その1枚は1962年にイギリスの学生アレックス・バーチが撮影したもので、シェフィールドの街上空を飛行する空飛ぶ円盤の一団とされているものだ。しかしこの写真は偽物であることが判明している。



3_e21
1952年7月、アメリカ、ニュージャージー州パッソリア上空を飛ぶ未確認飛行物体



4_e19
1964年、ニューメキシコ州ソコロで空飛ぶ円盤が目撃された。その現場でパトカーの側に立つ警官



5_e16
現場で撮影された写真。説明は一切ない



 当時のベルギー領コンゴ上空で目撃された2機の空飛ぶ円盤に関する文書には、ウラン鉱上空で発見された”燃えるような円盤”は「優雅な弧を描いて滑空し、数度に渡り位置を入れ替えた」と記載される。



 さらに「突然、両機ともに一箇所にホバリングしたかと思うと、その後風変わりなジグザグ飛行で北東へ飛び立った」ともあり、耳をつんざくような高音とブンブン唸るような音が聞こえたという。記録によれば、これらは10~12分間の出来事だったそうだ。



6_e13
1952年10月5日付の空飛ぶ円盤に関する調査報告書。



7_e12
”空飛ぶ円盤”のスケッチ



 その調査のために飛行機まで出動されたようだ。パイロットによれば、内部のコアは完全に静止したままで、外から開口部のノブが確認できたという。しかし”円盤”が消えてしまったため、追跡を追跡を断念したとある。



 1964年に起きたアメリカ、ニューメキシコ州ソコロ郡の事例については、警察官であったロニー・サモラが砂漠の一画の地面から炎が空へ向かって立ち上っているのを目撃したと記載されている。彼は調査に赴き、丘の上にセダン車両ほどの大きさの楕円形で、アルミ色に輝く物体を発見した。すると空中へ離陸し、すごい速度で山の向こう側へ飛び去ったという。



8_e12
1952年、東ドイツの事例における”巨大なフライパン”の調査に関する文書



 資料の中には、UFOを発見した際に行うべきことを箇条書きしたものすらある。例えば、物体の写真をできるだけ撮影し、可能であれば地面の写真も数点含めることを推奨している。



 しかしCIAはどちらかといえば、懐疑派であるスカリー捜査官の立場にあったようで、資料の公開にあたって、CIAはUFOの目撃事例の科学的な説明を試みていたと記載がある。



 以下はCIAによる空飛ぶ円盤調査の10のアドバイス。「1. 目撃事例の調査と評価を行うグループを組織する」、「2. 調査の目的を定める」、「3. 専門家に意見を求める」、「4. 事例を整理するための報告体制を作る」、「5. 誤認を排除する」など様々だ。



9_e12


 これまでCIAは、宇宙人の証拠をつかんでいるという見解を常に否定してきた。だが科学諮問委員会で宇宙人に関連するとされる物体の性質について議論が交わされたことはある。その場合に科学者が表明するお決まりの結論は、「UFOというテーマは、知的生命体と直接関連するものではない」というものだった。



 奇しくも今回の資料公開は『Xファイル』の新シリーズ公開と重なることになった。10年振りとなる人気シリーズの新作ではおなじみのコンビが登場する。



10_e14


 なお、こうした極秘資料公開は、本来の最高機密を隠すための隠蔽工作なのではないかという説もある。アメリカ政府にすでに宇宙人が地球に来ている事実を認めさせる活動を行うパラダイム・リサーチ・グループの代表ステファン・バセット氏によれば、CIAはXファイルの新作を利用して、過去にCIAが宇宙人の存在に関する問題について関与していたことをアピールしようとしているらしい。



via:ciadailymailindependent

☆Xファイルなんかどうでもええから、はようはっきりさせ!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.