環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

NASAが公式発表を変更。2016年3月8日に地球に最接近する、小惑星”2013 TX68”は、約500万kmの地点を通過。2017年に衝突の可能性は微小。
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

00_e11


 前回NASAから、2016年3月5日に小惑星「2013 TX68」が地球に最接近するという報道がなされたが、軌道予測の精度が上がったことで、最接近通過予定日が変更となった。その3日後の3月8日になったそうだ。



 「2013 TX68」は、2013年に発見された直径30mの小惑星で、2年前に地球に接近したものの、再度接近することが判明した。



 NASAは推定されている最接近時の距離を、地球からわずか17,700kmの地点(地球と月の距離の21分の1)か、1,400万kmの地点としており、かなり大きな幅があったが、最新の推定によれば、2013 TX68はおよそ500万kmの地点を通過するそうだ。

 「小惑星2013 TX68をさらに観測したことによって、その軌道予測の精度が上がり、通過予定日も3月5日から3月8日に変更されました」とNASA。



 パンスターズ(継続的に全天を観測し、移動天体などを検出する計画)が得た画像から、NASA地球近傍天体研究センター(Center for Near-Earth Object Studies=CNEOS)の調査チームが軌道や距離を精密に調査した結果、地球には何ら危険ではないことが再確認された。



9_e31
>

 このデータからは、2013 TX68がそれまで考えられていたよりもずっと遠方を通過する可能性が示唆されているという。500万kmより近くを通過する可能性も残されてはいるが、24,000km以上に接近することはないようだ。



 さらに最新の観測から2013 TX68の将来の軌道についてもより正確な推定が可能となった。それによれば、今後1世紀の間に2013 TX68が地球の脅威となることはない。



1_e52


 「この小惑星についてはどんな懸念もありません。望遠鏡で見てみたいというなら別ですがね」とCNEOSのポール・チョダス氏は話す。望遠鏡で観測できる見通しはもともと明るくなかったが、ずっと遠くを通過することが明らかとなった現在ではさらに悲観視されている。



 アメリカ、マサチューセッツ州にある小惑星センターでは、小惑星の軌道についての最新の計算結果が常時更新されている。ここから、通過する小惑星の地球からの最大/最小距離や公称距離の推定がなされるが、データが限られているために、そうした推定にはしばしば大きな幅ができてしまう。推定が精度を増すのは、時間とともに観測データが集まってからのことだ。



2_e51


 なお、2013 TX68については、2017年9月28日に地球に衝突する可能性も浮上している。ただし、その確率は2億5,000万分の1とごくごく小さなものだ。2046年および2097年にも通過するが、衝突の確率はさらに小さくなる。



 「今後3度の接近で衝突する可能性は、現実問題として心配するにはあまりにも小さすぎます。今後の観察でその可能性はさらに低下すると思いますよ」とチョダス氏。



3_e51


 3年前はロシア、チェリャビンスク上空で20mの隕石が爆発したことがニュースとなった。2013 TX68の直径は30mであり、仮に地球の大気圏に突入すれば、チェリャビンスクの2倍のエネルギーを有した空中爆発が起きる可能性が高い。



 現在、NASAでは12,992個の地球近傍天体を追跡しており、そのうち1,607個が潜在的に危険な小惑星と推定されている。かつて恐竜を絶滅させたとされる隕石の衝突を、ある天文学者は”宇宙のルーレット”と表現する。これまで人類が生き延びてきたのは全くの幸運に過ぎない。



via:nasa.gov dailymail

☆落ちるなら中国に落ちてくれ!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.