環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

星座を見てひらめいた。カナダの15歳少年がメキシコのジャングルで失われたマヤ文明の都市を発見かと思われたが・・・
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e3


 中央アメリカにある密林の奥深くで、西暦300~700年頃のものと思われる失われた古代都市を発見したかも。というニュースは発見者が15歳の少年だったこともあり世界中の人々の心を躍らせた。



 カナダ、ケベック州在住のウィリアム・ガドリー君は、衛星写真とマヤの天文学をヒントに世紀の大発見を成し遂げたという。ただしこれはあくまで衛星画像からその痕跡が見つかったというだけで、実地調査はまだ行われていない。





The discovery of the century: Star pupil finds lost Mayan city



 ウィリアム君は、「2012年に地球は滅亡する」(関連記事)というマヤの予言がきっかけで古代マヤ文明への関心を掻き立てられた。マヤ文明について調べていくうちに、マヤの都市が川から離れた不便な山間部に築かれていることに疑問を抱いたという。そして、マヤ文明で星が信仰されていたことから、古代マヤ人は星座を象るように都市を築いたのではないかという仮説に至ったのだ。



5_e4


 22種のマヤの星座を研究した結果、117都市がその星座の位置に一致していることに気がついた。それまで専門家から星座とマヤ文明の都市の位置との関連性が指摘されたことはなかった。しかし、ウィリアム君は独自に研究を続け、ある星座を構成する3つの星のうち2つは対応する都市があるのに、1つには欠けていることを突き止める。もし彼の仮説が正しければ、メキシコ、ユカタン半島に未発見の都市が存在する可能性が高い。

 

 仮説を検証するために、ウイリアム君はニューブランズウィック州立大学のアルマン・ラロック博士の協力を得て、カナダ宇宙局から提供されたNASAとJAXAが撮影した衛星画像をグーグル・マップにプロットし、正確な位置を特定した。その結果、拡大された画像から密林の中にクッキリと線状の特徴が浮き上がっていることが確認された。



2_e4


 この場所は植物が生い茂っており、これまで直接調査したことはなかった。専門家によれば人工物が存在する可能性は濃厚であるようだ。画像の1枚からは、ピラミッドと思われる大きな四角い痕跡やそこへつながる通りらしきもののほか、建物と思われるものも約30棟確認されている。



1_e5
 

 発見された都市はウィリアム君によって”K'aak Chi”と命名された。これは古代マヤの言葉で”火の口”を意味している。仮に本当に存在が確認されれば、これまで発見されたマヤの都市では5本の指に入る大きさになるはずだ本格的な実地調査はこれからとなる。



 だが、一部専門家たちはこの発見に懐疑的である。南カリフォルニア大学のトーマス・ギャリソン博士は、「少年が古代文明に興味を持ち、ひたむきにその発見に努力するという姿勢は素晴らしい」としたうえで、「残念ながら、少年の発見した四角い形状のものは、メキシコのユカタン半島エリアに古代から伝わる伝統の焼き畑農業、「ミルパ」が行われていた畑である可能性が高い」という。



 ミルパはナワトル語の「トウモロコシ畑」という意味で、2ヘクタール以下の狭い面積で、多様な食用作物を輪作することで生産性を高める農法だ。植生が自然に更新されるよう、2年の栽培した後8年以上休閑期をもうけ、植生の二次再生を考慮に入れている。



 衛星写真に映し出されていたのはまさにミルパの畑の休閑期の状態だという。ギャリソン博士はここは10~15年間は休耕されているのではないかと推測している。



 以下の画像はギャリソン博士が提供した実際のミルパの画像である。グアテマラのミルパだそうで最近休耕になったという。



um0o2bg88fhoenyuiii3_e
image credit:Thomas Garrison./span>


 他には米テキサス州メソアメリカセンターの人類学者、デビッド・スチュアート氏も、「古代マヤ文明の建造物と星座に関連性はない。ロールシャッハ・テストと同じようにたくさんある遺跡を作為的に星座に当てはめていけば、そういう風にも解釈できる。少年の発見したものは、我々にとっては見慣れたミルパである」と語った。



 スロベニア地域研究所の人類学者、イワン・スプラジ氏は、「確かにマヤ文明は優れた天文学を持っていた。マヤの星座関して我々は長年研究を続けており、そのほんのいくつかの星がマヤ星座であると同定できたが、星とマヤの都市の位置に関連性があるかを調べるのは今のところ不可能である」と語った。



 とはいえ、専門家らは未来ある少年の夢をつぶしたいわけではない。カナダ宇宙庁とニューブランズウィック州立大学のアルマン・ラロック博士はウイリアム君と共に、さらなる調査を続けていくという。



3_e5
via:gizmodobusinessinsiderdailymailindependentnews.com

☆なんかの遺跡の発見もこんな感じだったよなぁ?あれは本だったけど!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.