環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

もし宇宙人が二進数の暗号で地球にメッセージを送ってきたら人間は解読できるのか?物理学者が地球人に挑戦状
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

1_e59


 もしも近い将来、異星人が暗号化された二進数のメッセージで地球にコンタクトを図ってきたとしたら、人間はその内容を理解できるのだろうか? それを確かめるべく、ドイツ、マックス・プランク太陽系研究所の宇宙物理学者レネ・ヘラー氏が挑戦状を叩きつけた。



 これはSETI暗号解読チャレンジの一環として公開されたもので、メッセージは0と1で構成されている。

 「地球の望遠鏡によって、太陽系外にある固定された謎の発信源から連続したパルスが捉えられたと想像してほしい。そしてコンピューターのアルゴリズムによって、パルスに人工的な要素が特定され、メッセージを携えていることが判明したとしよう」とヘラー氏。その前提に立って暗号を解き明かせるか挑戦してくれというのだ。



 暗号の全文はこちらから入手できる。

www2.mps.mpg.de/homes/heller/downloads/files/SETI_message.txt

4_e44




 ツイッターの#SetiDecryptChallengeにはすでに多くの回答が寄せられており、結果は6月3日に発表されるそうだ。なお、回答には異星人の身長、寿命、暗号送信に使用した装置の大きさ、銀河にこれを送信した期間、彼らが住んでいる惑星、彼らの太陽系の年齢を含めなければならない。

 

 ちなみに1人で解くのも、誰かと協力し合うのも自由であり、SNSによる公開ディスカッションが推奨されている。また希望すれば3つまでヒントをもらえるそうだ。



2_e53


異星人を探し出すには?



 実は先月ヘラー氏はある論文を発表した。異星人の調査に当たっては、調査の対象を地球人を確認できる相手に絞るべきだと論じている。これまで異星人の探索において、その大半が主星の前を惑星が通過する際にできる陰を追い、望遠鏡で直接確認するには遠すぎる場所の惑星と衛星にばかり目が向けられてきた。



 惑星が恒星の前を横切る時の明るさの変化によって惑星を探すトランジット法は、惑星の存在とその大きさを確認する最も簡単かつ直接的な方法である。親星の前を惑星が通過するとその光が遮られるため、これによる明るさの低下を測定することで、直接視認することができなくとも様々な情報を得ることができるのだ。



 しかし、その惑星に生命が存在するかどうかを証明することはずっと難しく、現時点では最新式の望遠鏡でのみ計画されていることだ。候補となる惑星を特定するには、惑星の大気を通過する親星の光を分析し、生命に関連する分子の痕跡を探さなくてはならない。



 ヘラー氏が主張するのは、地球のトランジットゾーン(ETZ)に焦点を当てることだ。ETZとは地球が太陽の前を通過する際に異星人から見えるであろう薄いスライス状の領域のことを指す。この領域には、居住可能な惑星と衛星を伴う可能性がある候補となりそうな恒星が10万個ある。しかも、その数はあくまで現在の電波望遠鏡技術で見ることができるものの数だ。



 これらはトランジット法で観察すれば見逃すはずのないものばかりであり、したがって数千光年以内に住むETZの異星人からも容易に地球が見えるだろう。



3_e56


(画像3)




 現在、地球から信号を送信するプロジェクトや、反対に他の惑星から届いた信号の直接検出を行うプロジェクトがいくつか進行している。



 その中でも特に包括的なのが、ロシアの大富豪ユーリ・ミルナー氏が立ち上げたブレイクスルー・イニシアチブだ。その第一弾である”ブレイクスルー・リッスン”は、人工的な電波/光学信号を調査するもので、地球の近くにある100万個の星、天の川銀河の平面と中心、100個の銀河を対象としている。また第二弾の”ブレイクスルー・メッセージ”は、地球や人間のことを地球外文明に理解してもらうためのメッセージ作成コンペだ。そして第三弾として、地球から4.37光年先にあるケンタウルス座アルファ星に20年かけて直接宇宙船を飛ばすプロジェクトが実施される。



via:.dailymail

☆解読できても、信用してはならん!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.