環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

数学モデルから解析すると、異星人はクマと同等の大きさであると推測(スペイン研究)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e24


 太陽系外には無数の惑星が存在するが、その幾つかが生命の必要条件を満たしている可能性はかなり高い。仮に異星人が存在するとして、その姿に関して科学者は確かなことを何も言えないが、重さについてはある程度の推測ができそうだ。ある天文学者によると、多くの地球外生命体の体重は314kgだという。

異星人が居住可能な惑星の人口は約5000万人程度



 これはスペイン、バルセロナ大学のファーガス・シンプソン氏が、ベイズ統計モデルをもとに導き出した答えだ。シンプソン氏は、ある異星人文明の一般的な人口規模を計算し、5000万人以下と推定した。彼の主張では、銀河には多くの文明が存在し、人口過密でない可能性のほうが高いそうだ。



 惑星上の人口分布は、吊り鐘型分布に従うが、完全な正規分布ではない。つまり、ほとんどの文明が平均的な人口を擁する一方で、一部にかなり小さい、あるいはかなり大きい人口を持つ文明があるということだ。

 

 地球の人口を例に考えてみよう。任意の地球人1人を選んだとき、その人物が中国人である確率(5分の1)は、ニュージーランド人である確率(1600分の1)よりもはるかに高い。しかし、中国と同じ人口規模の国よりも、ニュージーランドと同じ人口規模の国のほうが多いため、無作為に国名を挙げた場合は、ロシア、中国、アメリカサイズよりは、スペインやモザンビークサイズの国を挙げる可能性がずっと高くなる。



 同じことが異星人にも言える。そして、地球の人口を最大級のものと仮定して、異星人が居住可能な惑星は5000万人程度を擁する、とシンプソン氏は試算した。



1_e20


異星人が住む惑星の半径は地球の1.4倍以下



 同様の論法で、地球外生命体が存在する惑星の大きさは、大抵の場合は地球よりも小さいと推測できる。同氏のモデルでは、地球の直径の約50パーセントを下限に設定してある。なぜなら、これよりも小さくなると大気や水の維持が難しくなるからだ。



 中国の例と同様、大きな惑星はそれだけ大きな人口を抱えることができるため、個々の異星人は大型惑星に住んでいる可能性のほうが高い。しかし、異星人全体としては、大きな惑星よりも小さな惑星のほうが多く存在するため、小型惑星出身の異星人を引き当てる確率が高い。シンプソン氏によれば、95パーセントの確率で、惑星の半径は地球の1.4倍以下となるそうだ。



4_e18


異星人の体重は314㎏



 そして、問題の異星人の体重だ。これは生物の身体の大きさと個体数の関係から導き出された。すなわち、地球の動物は大きさと個体数の間に相関関係があり、小さい種ほど個体数が多くなる傾向が知られている。したがって、もしある異星人が地球上で生命を探したとすると、クジラよりも蚊に遭遇する確率のほうがはるかに高いだろう。



 大きさと個体数の関係を確率の曲線上に描くと、異星人の体重の中央値はおよそ314kgであると予測される。これはクマやヘラジカと同等のサイズだ。異星人の半分はこれよりも重く、もう半分はこれよりも軽いことになる。



 小さな惑星出身の大きな生物というとどこか矛盾しても聞こえるが、そんなことはない。小さな惑星の平均人口は、地球上にいる70億の人間と比較して少ないことを思い出して欲しい。



2_e17


この説に異論・反論コール



 こうしたシンプソン氏の数学的な議論に対する反論もある。フランスのエクス=マルセイユ大学で理論生物進化学の教鞭をとるミシェル・コップ教授は、人類が知的生命体の無作為標本であるのかどうか不明であるため、今回の議論に確信が持てないと主張する。



 また、地球上の人類が全文明の中央値である可能性も高い。すなわち、人口の観点から見れば、宇宙における地球はインドや中国というより、カナダに相当するのかもしれないのだ。



 そして、ほとんどの文明の人口が5000万人以下という結論は、文明の大きさの分布が種の大きさの分布と相関関係にあるという仮定に基づいたものだが、これには根拠がない、とコップ教授は主張する。



 同教授の意見では、知的地球外生命体の身体が大きい傾向にあるという議論については問題が少ないようだ。陸生種の大きさと個体数の関係はかなり一貫していると思われるからだ。それでも、知的生命体の大きさの分布がシンプソン氏のモデルに必ずしも従うわけではない。



3_e2


 SETI協会のセス・ショスタク氏は、シンプソン氏の結論、特に異星人の身体の大きさがずばり正しい可能性は低いと述べている。大きな生物なら、水棲生物である可能性が高いからだ。



 また、知的生命の発達に関する問題もある。人間などの動物が賢くなった理由の1つは、食料を見つけるためだ。それほど大きな動物なら食料の確保に苦労しない。これは脳、ひいては知能の発達には不利に働くだろう。



☆人類70億人もおるんかいな!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.