環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

ネッシーなのか?ネス湖に打ち上げられていた首の長い内臓入り白骨。周辺には警察のテープが巻かれていた。(閲覧注意)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

00


 世界一有名なUMAネッシーの生息地と言われているスコットランドのネス湖にて、2016年6月29日、犬の保護団体に所属する人が犬の散歩中、ネス湖沿岸にて、謎の白骨化した遺体を発見した。



 周辺にはPOLICEと書かれたテープがまかれていたそうで、その遺体、やけに首が長く内臓もまだ残された状態だったという。

 発見した犬の保護団体「Help2Rehome 」はその画像をフェイスブックに公開した。

 

 かなり首が長く、なぜか内臓はきっちりのこされている

no title


 遺体の周囲には「POLICE」と書かれたテープが張ってあった

1_e48


 頭部はこんな感じ

2_e41


 この画像が公開されるや否や、様々な憶測を呼んだ。



 もちろんこれがネッシーであるかもしれないという声はもちろんのこと、首の長さからしてキリンであるとか、キリンがどうしてこんなところにとか、いやいや誰かのイタズラだろうとか。



 でもって、一番信憑性の高い推測は、テレビ局がなんかの特番でこれを作り上げたというものだ。かなり精巧に作られているので経費もかかるだろう。何かの番組に使用するセットなのでは?という意見が最も多かったようだ。



 イギリスのEU脱退決定を受け、スコットランドはイギリスから独立して、EUに加入しようという動きもある。もしかしたら政治がらみの何かかもしれないとか、いろんな妄想がはかどりそうだ。



via:mirror

☆なんか、ちっこいねんけど!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.