環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

世界初!微生物を使って1mmサイズの迷路内のパックマンゲームを実現した科学者たち
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

10


 1980年代に一世を風靡した捕食系アーケードゲーム「パックマン」は迷路の中で4匹のモンスターに追われながらも、自ら小さいドットを食べていくというもの。



 そのシンプルさとキャラクター性が受けて大人気となったのだが、これをリアルな微生物を使って再現した科学者たちがいる。もちろんこれは研究の一環で、障害物の中を微生物たちはどう動き、捕食者にどう反応するかを観察するというものだ。



 1mmサイズの極小の迷路の中に様々な微生物が投入され、顕微鏡を使ってのパックマンゲームが観察された。





Mikroskopisk Pacman / Microscopic Pacman



 この実験を行ったのは、ノルウェーのサウスウエスト大学のマイクロ・ナノシステム技術科教授エリック・アンドリュー・ジョナッセン氏率いる研究チームである。



 直径一ミリメートルサイズの極小の迷路をつくり

4


 そこに溶液を入れ、パックマン役としてユーグレナ(ミドリムシ)と繊毛虫が、モンスター役にはワムシが投入された。



 ミクロの世界のリアルパックマン

10


 結構激しく動き回っている

11


 これまで微生物の研究は障害物のないシャーレの上で行われていたが、実際の自然環境には泥炭やコケといった自然構造物があるため、この研究を通して、自然に近いより正確なデータを採集できるとしている。それにちょっと楽しそうだしな。





Micro mazes film shoot day 2


☆飼育容器が迷路なだけじゃ!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.