環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

あれ?前に見たことがあるぞ?科学者がついにデジャヴ(既視感)の謎を解く(スコットランド研究)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e21


 デジャヴ(既視感)とは、一度も見たり聞いたり体験したことがないのに、すでにどこかで体験したことのように感じることを意味する。誰でも一度くらいは経験があることだろう。



 なぜデジャヴは起きるのだろう?かねてより疑問だったこの謎を解き明かしたと言うのはスコットランド、セントアンドルーズ大学のアキラ・オコナー(Akira O’Connor)博士だ。



 かつてデジャヴがおきる要因として記憶力減退の兆候などがあげられていたが実はそうではなく、脳が記憶が正しいかどうかを確認することに起因しておきる現象だという。



 すなわち、こうした奇妙な感覚を体験したことがないことのほうが、記憶の問題を抱えている恐れがあるということになる。

 オコナー博士は21名の被験者に対して、”ベッド、枕、夜、夢”といった互いに関連性があるが、”睡眠(Sleep)”のようなそれぞれを直接繋げるキーワードが含まれていない単語リストを読んで聞かせた。これは偽の記憶を作り出す標準的な手法で、リストを読んだ後にそこに”睡眠”が含まれていたか問われると、通常は含まれていたと答えることが多い。



 今回の実験では、既視感を作り出すために、”S”で始まる単語が含まれていたか被験者に質問。被験者はこれにノーと答えているが、その意図するところは、”睡眠(Sleep)”が含まれていなかったと憶えやすくさせる一方で、”睡眠”という単語自体には聞き覚えがあるような感じを持たせることだ。これが既視感の代理になる。



2_e21


記憶の食い違いが修正され、それを意識的に感じるときにデジャヴが発生する



 この間の脳の様子をfMRIで測定。脳の前頭部が記憶をチェックし、そこに何らかの記憶の誤りを発見した場合に信号を発信していることが判明する。どうやら、記憶の食い違いが修正され、それを意識的に感じるときに既視感として感じられているのだそうだ。



 これは、記憶の誤りが加齢とともに増える一方で、既視感を覚える頻度は減少する理由のヒントにもなるかもしれない。既視感は脳が誤った記憶を作り出すことが原因だという説があるが、そうではなく、記憶の誤りを防止していると考えたほうが理にかなっているだろう。



 一方で、これでは既視感を体験しない人がいることを説明できないという批判もある。これについて、オコナー氏はそうした人は記憶力が優れ、記憶の誤りが少ないため、既視感も生じにくいのではないかと推測している。



☆デジャブって、たまにあんなぁ!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.