環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

NASAの探査機ジュノーが木星軌道に無事到着!注目が集まる木星の10の事実にズームイン!
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e12


 7月5日、NASAの探査機ジュノーが木星の周回軌道に無事到達した。まもなく、私たちは木星の直近の姿を目にできるようになるだろう。どんな真実が明らかになるのか?今からもうドキドキとワクワクが止まらない。



 木星は太陽系の中で最大の惑星である。その大きさゆえに驚きの特性が備わっている。ここではこれまでにわかっている木星に関する10の事実を見ていこう。

1. 他の全惑星を合わせたものより2倍も重い0-1_e






2.やたらと重力が強い

1


 やたらと重力が強いので、飛び立つには時速217,000kmもの想像を絶する速度が必要





3. 磁場は地球の20倍もある

2_e15


 木星の磁気圏は太陽系最大の物体。





4. 巨大嵐が150年以上続いている

3_e14


 大赤斑という地球の2倍の幅を持つ嵐が吹き荒れている。

 それは最低でも150年以上は続いている。





5. 自転速度が太陽系最速

4


 自転速度が太陽系内の惑星で最速。1日は地球時間でたったの10時間。





6. 中心核付近の温度はおよそ23,900度

5_e10


中心核付近の温度はおよそ23,900度と考えられる。

太陽の表面よりも熱い。



7. あと80倍重ければ、惑星ではなく恒星になっていた

6_e10


 切手に描かれた木星。ハッブル宇宙望遠鏡で見た疑似カラーの姿だ。





8. 確認された衛星は太陽系の惑星最多の67個

7_e8


 最初の1個はガリレオが1610年に発見。

 イオ、エウロパ、ガニメデ、カリストはガリレオ・ガリレイが発見した。





9. ガス惑星であり、ほとんどが水素とヘリウム

8


 その表面は硬くない。





0. 巨大な重力を発しながら高速で回転するために、周囲の宇宙ゴミにとってパチンコのような働きをする。

10_e8


 ジュノーはそれまでのどの探査機よりも接近する。

 無事生き延びれることを祈ろう!



☆日本は、大間抜けな事やっとったねぇ!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.