環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

ミニ氷河期の到来か?太陽の黒点がほとんどなくなり活動レベルが2011年以来最低に(NASA研究)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

00_e


 まるで死んだかのように静かだなのが現在の太陽である。太陽の表面から黒点がほとんどなくなった。太陽の活動は極小期へと向かいつつあり、2011年以来最低レベルにまで活動量が落ちたそうだ。



 NASAのソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリーが11月14~18日に撮影した画像に映し出されるのは、まるでビリヤードの玉のように、ほとんど黒点が消えてしまった太陽の姿である。NASAによると、黒点の減少は予想以上に速いという。



 太陽の活動は11年周期で増減しており、前回の極大期は2014年初め、次の極小期を迎えるのは2021年以降となる。かつての極小期では異常な冷気に見舞われ厳冬を迎えたマウンダー極小期が知られている。



 そのためミニ氷河期の到来を懸念する研究者たちも多い。

ほとんど黒点が消えてしまった太陽の姿(2016年11月14~18日)



The Sun is eerily quiet right now



太陽の活動は極小期へ



 現在、太陽は2008年から始まるサイクル24という期間にある。6月下旬には、一世紀以上にわたる最も不活発な期間に突入していたことが判明。さらにヴェンコア・ウェザー(Vencore Weather)は、NASAが撮影した視認できる黒点がほとんどない画像と併せて、同月に太陽が2回目の”ビリヤード玉”状態になったと記している。



2_e3


 今サイクルで確認されている黒点の数は、1906年2月に極大期を迎えたサイクル14以来の少なさだという。6月4日には黒点が完全に消えてしまい、その状態がほぼ4日間続いた。



 今年2月にも同じような状態となっており、やはり”ビリヤード玉”状態が確認された。これは次の太陽活動極小期が近づいている兆候であり、今後数年で黒点がない日数が増えるだろうとのことだ。

 

3_e3
 

 前回のサイクル23は、2000~2002年に極大期を迎え、数多くの太陽嵐が観測されている。極大期の間、巨大な黒点や強烈な太陽フレアが毎日のように発生。フロリダでオーロラが観測されたり、太陽嵐が人工衛星に直撃したりといったことが起きた。



 一方、極小期ではそれと真逆の減少が発生。太陽フレアは身を潜め、まる1週間1度も観測されず、黒点も小さなものがようやく表面に現れるという状態だった。そして、これこそが現在起きていることだ。



 記録に残されている中で最長の極小期は、70年間も続いた1645~1715年のマウンダー極小期である。この間、黒点は滅多に観測されず、太陽サイクルが完全に狂ってしまったかのようだった。



マウンダー極小期は異常な厳冬だった



 この時期は小氷河期に当たり、北半球は異常な厳冬に見舞われた。ロンドンのテムズ川が凍りつき、フロストフェアが人気を博したのもこの時期である。またバイオリンの名器として有名なストラディバリウスの木材は、この気候のために成長が遅く、密度が高くなったものを使用していると言われている。



4


ミニ氷河期が到来する可能性



 多くの専門家が、こうした太陽活動の低下は、火山活動の上昇ならびにおそらくは海流パターンの変化と呼応して、17世紀の寒冷化に大きな役割を果たしたと考えている。



6_e3


 昨年発表された研究で、太陽サイクルの正確な予測に成功したと主張するものがある。彼らのモデルは、太陽の表面と内部に存在する二つの層の中で発生するダイナモ効果を利用したもので、11年周期の太陽サイクルの不規則性まで正確に予測することができるという。



 それによると、2020~30年代にかけての太陽サイクルは互いに打ち消し合い、2030年代では60パーセント活動量が低下。これが再びマウンダー極小期のような気候を到来させるかもしれないそうだ。



via:The 'dead sun': Stunning Nasa video reveals barren solar surface with lowest level of activity since 2011

☆暑くなるんか、寒くなるんかはっきりせんかい!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.