環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

映画「マトリックス」世界がついに実現?脳に直接磁気刺激を与え仮想空間に入り込むことに成功(米研究)
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e3


 映画『マトリックス』シリーズでは、キアヌ・リーブスが脳を仮想世界に接続して、人類を奴隷にしている知覚の世界で戦った。この作品はディストピア的世界を描いたフィクションであるが、米ワシントン大学の研究者は、脳の直接刺激を通じて人間が仮想世界に潜り込む第一歩を示した。



 11月16日に『フロンティアーズ・イン・ロボティクス・アンド・AI』にオンライン掲載された論文では、シンプルな2Dゲームを素材に、脳の直接刺激による入力のみでガイドを与えた実験が紹介されている。そこでは視覚、聴覚、触覚といった通常の感覚による手がかりは利用されていない。





Playing a Computer Game with Brain Stimulation

電脳装置で空想世界へ



 被験者たちには21種類の迷路が与えられ、「前進」と「降下」の二つの選択肢だけで内部を進むよう指示された。



 このとき被験者はゲーム画面を見ることは許可されていない。代わりに研究者は経頭蓋磁気刺激(磁気コイルを頭蓋骨の側に設置し、脳の特定部位を直接的かつ非侵襲的に刺激する)で眼内閃光を作り出して、被験者に迷路の内部に関する情報を伝えた。簡単に言うと、眼内閃光が出現する場合としない場合の2種のサインで、目の前に壁があるかどうかを伝えたのだ。



1_e3


 「最近話題のVRはディスプレイ、ヘッドセット、ゴーグルによって作られますが、究極的に現実を作り出しているのは脳です」と上席著者のラジェシュ・ラオ(Rajesh Rao)教授。



 「私たちが答えたかったそもそもの問題は、脳に直接送信される未知の人工情報を用いて、脳が感覚的入力なしで仮想世界を移動したり、有効なタスクを行うことができるか、ということです。答えはイエスです」



2_e3


脳から受け取った情報を頼りに仮想世界を動き回れる



 5名の被験者は、直接脳刺激から受け取った情報に応じて、92パーセントの精度で正しい動きを行った(指示入力なしの場合は15パーセント)。また被験者は次第に上達した。つまり人工刺激の検出スキルを学習できることを示している。



 本実験は、人工的なセンサーあるいはコンピューターによって作られた仮想世界から送られるまったく新しい情報をきちんとコード化したうえで、非侵襲的に人間の脳に送信し、タスクを実行できることを実証している。



 「私たちはつまり人間に第六感を与えようとしているんです」と主筆者である学習脳科学研究所のダービー・ロージー氏。「神経工学の分野では、脳が発信する情報解読に大きな努力が払われています。ですが私たちは脳に情報をコード化して送信する方法に興味があります」



3_e3


視覚障碍者に光を



 現実においては、こうした極シンプルな情報であっても、視力に障害がある人が移動する際には大いに役立つことだろう。



 理論的には、人体にカメラ、赤外線、超音波、レーザー測距器といった各種センサーを搭載させることで、周囲のものや接近してくる人などの情報を直接脳刺激装置に伝え、行動のガイドとなるインプットを作り出すことができる。



 現段階では非常に大きな装置を利用しなければならないため実用段階にはないが、いつの日かは気軽に使用できるものが開発されることだろう。



 ワシントン大学の研究者は外部の専門家と提携し、ニューベイ(Nuebay)というスタートアップ企業を設立。今回のアイデアの商業利用のほか、神経科学や人工知能の知見をVRやゲームなどに応用することを目指している。



via:journalsciencenewslinesciencedailyなど

 そんなのちょっともう、現実の世界がうんざりなので電脳世界に逃げ込もうと思ったらそこにいられるわけとかいう?というかもうどこからが現実でどこからが仮想世界かわからないっていう?



 とにかく技術革新は相当すごいところまできているっていうことだ。

☆もうじき、自分の好きな世界が作れてその中で生きていけるっちゅうわけじゃ!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.