環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

異星人が地球とコンタクトを試みている? 深宇宙から放出された謎の電波エネルギーを6度検出
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e


 地球から30億光年離れた場所で、何者かが我々とコンタクトを試みているのかもしれない。ぎょしゃ座から発せられたそれぞれ数ミリ秒の電波が6度に渡り検出されたのだそうだ。



 電波を検出したのは、米ウェストヴァージニア州のグリーンバンク望遠鏡やプエルトリコのアレシボ天文台で観測をしていたカナダ、マギル大学の研究者である。発表された論文によると、グリーンバンク望遠鏡では2GHzの電波が5回、アレシボ天文台では1.4GHzの電波が1回検出されたという。

天体「FRB 121102」から発せられる電波バースト



 FRB 121102というこの同じ場所からは過去11度の電波バーストが検出されており、これで計17回確認されたことになる。



 高速電波バーストは一時的かつランダムに出現する電波放射のことで、発見が難しいために研究もあまり進んでいない。このような短く、鋭いほとばしりの発生源は謎に包まれており、その原因については星の衝突から人工的なメッセージまで諸説ある。



 今回のように繰り返される高速電波バーストは、既知のものとしては唯一のものである。だが何度も確認されているにもかかわらず、放射源はまだ判明していない。



 研究者によると、繰り返される爆発は、電波放出の原因が何であれ、爆発や衝突のような一度きりの現象ではないことを示しているという。むしろ星の爆発後に残された高密度の核、つまり若い中性子星のフレアなどが予測されるようだ。



1_e
ウェストバージニア州のグリーンバンク望遠鏡



 FRB 121102が唯一無二の天体であるのか、それともどの高速電波バーストでも繰り返されるものなのかどうか、これを知ることは高速銀河系外電波トランジェント(fast extragalactic radio transient)を理解する上で重要なことである。



 これまで電波が検出されたときは、SETIに報告し、これが異星人からのメッセージであるものかどうか詳細に調べられてきた。しかしマギル大学の研究者が今回もSETIに連絡をするかどうかは不明だ。





3_e


宇宙人とのコンタクトは危険が伴う





 スティーブン・ホーキング博士は、知的生命が存在した場合、これとコンタクトを図ることは危険な賭けであると考えている。地球が異星人に発見されれば、植民地として支配される可能性があるからだ。



 異星人が地球を訪問すれば、その結果はアメリカ大陸に上陸したコロンブスのような状況になるだろう、と彼は答えている。それはネイティブアメリカンにとっては歓迎できる結果ではなかった。



 一方、SETIの共同創立者ジル・ターターは別の考えを持っている。彼女によれば、宇宙を旅して地球までやって来れる異星人は、十分に洗練され、友好的かつ平和的であるはずだという。人類より遥かに長い間生存することができた文明であるのに、その科学技術が攻撃的なものであるという考えは、理に適っているようには思えないと話している。



☆ホーキング博士とは、違う意見じゃが、こっちが正しいような気がするな!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.