環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

なんと20億年前!カナダで世界最古の水が発見される。
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!



0_e19


 カナダ、トロント大学の地質学者チームは、オンタリオ州ティミンズにある鉱山の奥底で、これまで発見された中では最古とされる20億年前の水を発見した。



 この水の発見により、地球や他の惑星の古代生命について新たな知見を与えてくれるかもしれない。

 「この水については何もかもが新しいことばかりです。全アイソトープのシグナルを確認している最中ですが、見たこともないものをすでに特定しています」と調査チームのリーダー、オリバー・ウォー博士。



 今回の発見は、2013年に実施した銅鉱山、亜鉛鉱山、銀鉱山の水調査に端を発している。深さ2.4キロの地点にあった水を解析した結果、それが10億年前のものであることが判明。それ以来、さらに深部へと調査が進められ、3キロの地点で驚きの存在が発見された。



1_e16


水の年齢を計算



 ウォー博士によると、水からはヘリウム、アルゴン、ネオン、クリプトン、キセノンが見つかっている。こうしたガスは、岩の裂け目に捕らえられた水の中に時間をかけて蓄積されたものだ。この蓄積された各ガスの量を計算することで、水の年齢を割り出すことが可能となる。



 水が20億年以上そこに存在していた場合、当時の大気や地球の状態について何がしかの情報を得ることができる。これは最古の水が発見されたからこそ分かることだ。



珍しい化学物質のカクテル



 水は海水よりも最大8倍も塩分濃度が高く、微量な金属が含まれているらしい。



 「飲んでも死にはしませんが、美味しくはないですよ

 とウォー博士。



 味に期待はできないとは言え、そこに生命を宿している可能性もある。その場合、一体こんな深い場所でどうやって存在できるのか、どうやって生き続けているのか、まったく予想できないそうだ。他の惑星の生命についても理解を進められるだろうとのことだ。



via:atlasobscura・cbc・bbcなど

☆水にも年齢があるんかいな!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.