環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

チリ海軍のヘリコプターから撮影した気体物質をまき散らしながら飛行するUFO映像
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e13


 南米では正体不明の飛行物体の発生が後を絶たない。チリでは、UFO(未確認飛行物体やUAP(未確認大気現象)を研究する国家機関、CEFAA(異常航空現象研究委員会)が存在し、専門家がその解明にあたっている。



 最近話題となっているこの映像は2014年1月11日、チリ海軍のヘリコプター(Airbus Cougar AS-532)がビニャ・デル・マールの上空、高度約1.4kmで定時の昼間巡視任務にあたっていたときに赤外線カメラで撮影したものだそうだ。



 謎の飛行物体がガスが液体のようなものをまき散らしながら飛んでいるのがわかる。上記のCEFAAは、この物体の正体が判明できないという。

 公開された映像は約10分間に及ぶものだが、以下の動画は怪しい物体が飛行しているシーンのみ抽出したものだ。





Navy clip first explusion (see Leslie Kean's article for backstory)

 機内にはベテランの海軍大尉パイロットと高性能赤外線カメラ、WESCAMのMX-15 HD FLIRをテストしていた海軍の技術者が搭乗していた。



 ヘリコプターは約132ノットで、高度約1.4kmを飛行。外気温は約10度。高度3km地点に大きな雲があり、その下には層雲雲の層があった。



2_e14
image credit:youtube


 午後1時52分、技術者は未知なる物体を発見した海軍大尉も肉眼でその物体を確認。対象物はヘリコプターから約55~65km離れたところにあった。すぐさまレーダー基地2か所に連絡をとったが、どちらの基地からも、ヘリコプターは確認できたものの、その物体を確認することができなかったという。



 チリ海軍はすぐにこの映像をCEFAAに渡し解析を依頼した。この日この時間、対象物が撮影された地点での飛行情報はない。明らかに未知なる物体である。



 海軍大尉は、「それは平たく丸い形をしており、2つのサーマルスポットライトのようなものが見えた」と語った。技術者は、「半楕円形の白い物体だった」と語った。



4_e
3_e16
image credit:CEFAA


 その後2年間、少なくとも8回にわたり、CEFAAでは様々なデータを検証しながらその解明にあたったが、いまだその正体はわかっていない。



 果たしてこの物体は?

5_e14
via:ducatinghumanityufosightingshotspot.など

☆ドローンとちゃうんかいな!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.