環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

映画のワンシーンみたい!宇宙空間でのバッテリー交換作業ってこんな感じ。NASAが公開したの電池交換作業の様子
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

peggyw_spacewalk-655x436_e


 国際宇宙ステーションであってもバッテリーの交換は必要だ。先日1月6日、NASAの宇宙飛行士のシェーン・キンブロウとペギー・ウィットソンが6時間の宇宙遊泳中に交換作業を終えた。



 そして1月13日、新しい電池の交換作業が再び行われた。 



Space Station Crew Members Conduct a Spacewalk for Battery Replacement on the Outpost



ISSのバッテリーは日本製のもの



 現在のバッテリーは太陽光で充電するニッケル水素電池でで、ISSに18年間電力を供給している。今年、これらの電池はさらに容量が多く、ちょうど携帯電話のバッテリーの巨大版のようなチウムイオン電池に置き換えられる。



 1月6日の作業の様子。

 2人の宇宙飛行士はアダプタのプレートと電気接続の設置を済ませた。



スクリーンショット-(605)


 電池は日本のGSユアサ製で、日本の物資補給機「こうのとり」6号機が2016年12月に届けたものだ。宇宙ステーションの主要設備に日本製品が使われるのは今回が初めてだという。



 交換作業には2往復の必要があり、1月13日、再び電池交換作業が進められた。



peggyw_spacewalk-655x436_e
image credit:mirror




 1/13、9:00からライブ中継が行われた取り付け作業の様子





JAXAの新型バッテリ取付船外活動特別番組 --->




☆動画が長すぎるわい!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.