環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

新たに公開されたCIA文書から明らかになった世界各国のUFO目撃事例と超能力に関する調査結果
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e2


 ,300万ページにも及ぶCIAの機密文書が新たに公開された。ここには尽きぬことのない陰謀のネタが載っている。その中にはUFOの目撃事例や超能力の軍事利用といったとりわけ奇妙な内容まで記されている。

 そうした報告を扱った文書では、UFOを「性能、空気力学的特性、あるいは異常な特徴によって既知の航空機または飛翔体とは一致しない物体」と定義している。



 数百万ページの中には、ノルウェー、スペイン、北アフリカ、旧ソ連などでの目撃事例が記録されている。公開された膨大なページを通して多くの目撃事例が紹介されている一方、決定的な発見は今のところ記載されていないようだ。









CIAは米空軍に対し、UFOに遭遇した時のガイドラインの厳守を要請



 CIAはかかる目撃事例に関する綿密な報告の重要性を国家安全保障上の問題であるとして、しきりに強調したがっているようだ。それは検出、特定、迎撃、破壊という防空用語まで用いる。米空軍の司令官にこれらのガイドラインに厳密に従うよう要求する未確認飛行物体プログラムもある。



 この手続きは、他局、政府機関、民間人からのものも含め、あらゆるUFO目撃事例を報告することを空軍司令官に求めている。



 文書によると、報告の際は、形状、大きさ、色、数、フォーメーション、目立つあるいは独自の特徴、たなびく痕跡や排気の跡、音、その他異常な特徴を明示し、可能な限り詳細に説明しなければならない。







 米空軍がUFO目撃事例を真剣に取り扱わねばならない主な理由を3つ挙げている。すなわち1) 防空および合衆国あるい米軍に対する潜在的脅威の排除、2) UFOの技術的・科学的特徴を特定し、軍の諜報および技術的優位を維持すること、3) かかる事例を説明・特定し、万が一の事態における戦略的準備を整えること、だ。



 かつてCIAは、アマチュア天文学者を対象とする目撃報告のガイドラインを発行したこともあった。



2_e1




CIAは真の超能力者を探し出すプロジェクトを行っていた



 また別の公開文書からは、CIAが超能力者スパイ配備の実現可能性と有効性を判断するために一連の実験を行なっていたことが明らかになった。プロジェクトのコードネームを”スターゲート”といい、「通常の認識方法からは遮断されている文書から外国の機密情報を集める」ことが目的だ。



 このプロジェクトでは、あの有名なイスラエル生まれの超能力者ユリ・ゲラーも実験対象であった。実験では、別室のCIA局員が頭に浮かべたものを描き、それをゲラーに実物を見ることなく書き写してもらった。



3_e


 描かれた絵はヒューズ、ぶどう、太陽系などで、ゲラーがこの実験で驚くべき成功を収めているにもかかわらず、CIAは初期段階の実験以上のことはしない旨を決定した。



 こうした話に聞き覚えがあるならば、その通りだ。ジョージ・クルーニーとユアン・マクレガーが出演した2009年の映画『ヤギと男と男と壁と』は、CIAをはじめとするアメリカの諜報機関が実施した超能力戦争の研究にまつわる噂や報告を元にした作品である。

 

 数百万ページもの機密文書が公開されたことはドキドキするようなニュースであるが、実はメリーランド州カレッジパークにある国立公文書記録管理局のコンピューターでは2000年から閲覧することができたという。



via:UFO sightings & psychic powers revealed in newly released CIA docsなど

☆ユリゲラーって、ほんまに超能力あったんかいな!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.