環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

2月16日、小天体「2016 WF9」が地球に衝突、巨大な津波を発生させるとロシアの天文学者が警告
BitMiner - free and simple next generation Bitcoin mining software
↑ ↑ ↑ ビットコインがタダで手に入ります!クリックしてね(^O^)

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

4_e


 昨年NASAが、彗星あるいは小惑星と推測される小天体「2016 WF9」が地球へ向かっていることを発見した。NASAはその天体は2017年2月25日に地球から5,100万キロの地点を何事もなく通過すると発表したのだが・・・



 ところがある天文学者は、この小天体が2月16日に地球に衝突し、巨大な津波を発生させると主張している。

2016 WF9が地球に衝突すると警告する自称天文学者



 問題の天体は2016 WF9と呼ばれている。彗星か小惑星かはっきりしないが、4.9地球年かけて地球に向かって飛来し、アステロイドベルトや火星軌道を通過。やがて地球の軌道内部へと到達することになる。



 天文学者を名乗るロシアのデミン・ダミール・ザハロビッチ博士によると、2016 WF9はまっすぐ地球へ飛来しているのだという。WF9が衝突すれば、複数の都市を壊滅させたり、津波を引き起こす可能性がある。「私たちは窮地に立たされています」と博士は警鐘を鳴らす。



00_e




NASAは衝突することはないと公式見解



NASAは、WF9は地球から5,100万キロの地点を通過し、衝突することはないと考えている。「2016 WF9の軌道ははっきり把握されており、予見可能な未来において地球に衝突する恐れはありません」――これが公式の見解だ。



 2016 WF9は比較的大きく、幅は0.5~1キロほど。非常に暗く、表面に届いた光のほんの数パーセントしか反射していない。その反射率や軌道は彗星に似ているが、彗星と定義するための塵やガスがない。したがって起源は彗星なのではないかと推測される。



000_e


 ところがザハロビッチ博士はこうしたデータから別の説を唱えている。すなわち、仮説上の惑星ニビルに起源があるのではないかというものだ。

 

 「WF9は10月にニビルが太陽の周りを反時計回りに回転し始めたことで、そこを離れました。NASAはそれが地球に衝突することを知っていましたが、今になって情報をリークしようとしています」





2017年10月、惑星ニビルも地球に衝突?



 陰謀論を唱える人たちは、惑星ニビルが今年10月に地球に衝突すると主張している。その引き金を引いたのは、太陽の双子である連星の重力とされるが、これを証明する証拠は存在しない。



 ニビル、別名「惑星X」は太陽系の辺縁にあるとされる仮説上の惑星だ。昨年、カリフォルニア工科大学の科学者が提唱したプラネットナインも惑星Xと呼ばれることがあるが、それとは別物である。一部の説によると、ニビルは太陽系に”プラズマエネルギー粒子”を送っているという。これが地球の”核の流れ”を乱し、気候に破壊的な変化を引き起こしているのだそうだ。



3_e6


 また、”ならず者惑星”であるニビルの重力は数百年前にも他の惑星の軌道を乱していると主張される。そしていつ何時、再び内太陽系に侵入し、破壊をもたらしてもおかしくないのだという。

 

 ニビルの存在について、NASAはネット上のデマ情報であり、存在しないことは明らかと表明している。なお、デミン・ダミール・ザハロビッチ博士の名は、ここ数か月ニビルがもたらす災厄を伝えるレポートに関連してよく見られるようになった。




☆一回、ほんまに来てくれや!

↓↓安い!!初月300円で稼げます!↓↓

↑↑クリックしてね!!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.