環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

CIAが火星探索に超能力者を利用していた。そこで見たものとは・・・
BitMiner - free and simple next generation Bitcoin mining software
↑ ↑ ↑ ビットコインがタダで手に入ります!クリックしてね(^O^)

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e1


 CIA(アメリカ中央情報局)の機密解除された文書から、かつて超能力の研究に力を入れていたことが判明したが、さらに1984年、CIAは超能力者と称する人物に火星を遠隔透視させるという実験を行なっていたことも明らかとなった。



 CIAの狙いは、座標を指定した後に、超能力者が心で火星を探索できるかどうかを確かめることだった。

 超能力者には密封された封筒が提示される。その中にはある情報が記載されており、実験終了まで開封されない。超能力者は、指定された座標に意識を集中しながら見えたものを説明する。もちろんこれが火星に関しての実験であるということは一切伝えられていない。



 実験内容はCIA Electronic Reading Roomで入手できる。



超能力者に北緯40.89度・西経9.55度に集中するよう指示



 実験の直前、封をした封筒が被験者(超能力者)に与えられた。封筒が開封されるのはインタビューが終了してからだ。封筒には3x5カード1枚が入っており、次の情報が記載されていた。



火星

対象時間

紀元前100万年


超能力者たちはすぐに火星のような地形を連想



 インタビューの間、この情報を考えた人が選んだ地理座標が、口頭で被験者に伝えられた。



 観察者が封筒の中に記載されている時間に集中せよと指示する前に、すでに被験者はピラミッドのような形が見えると主張。「激しい、激しい雲を見ています。砂嵐のような感じです。ああ……地質に問題がある。何と言うか……ちょっと待って、鉄だ。なんて奇妙な」



1_e0


 観察者は火星にその地質学的問題が起きる前の時代を説明するよう求めた。すると被験者は、「あぁ、全然違う。あぁ……それが出てくる前……あぁ、分からない……おっ、土の山みたいなものが……現れて、近寄ると消える。えっと……大きくて平らな表面が、とても、うん……緩やかな……角度で、壁が、それはとても大きい、つまり巨石です、あぁ……」



2_e0


 次に観察者は被験者にその当時の火星をしばらく見回してみるよう指示した。



かつて火星には火星人が存在していた?



3_e


被験者:……そうですねぇ……人々の影のようなものが見えます、とても背が高くて……痩せているけど、影だけです。何だか、そこにいるような、いないような感じですが、今はもういません。

観察者:彼らがいた時代に遡ってください。

被験者:……うん……(つぶやき)そこかしこにたくさんの雑音があります。いつもバラバラに、壊されています。

観察者:見たままを報告してください。まとめようとしないで、そのままの情報を伝えてください。

被験者:とても大きな人々を見ています。痩せていて、背が高い、でもすごく大きいです。あぁ……変わった服のようなものを着ていますね。




火星上をテレポートするよう指示したところ火星人のシェルターが!?



 次の実験では、観察者は被験者にいくつか別の座標を与えて、心でその場所に移動するよう指示。被験者は、交差点、モニュメント、反射する物体、ピラミッド状の家らしきものが見えると主張した。



5_e0


観察者は、被験者に探索して気になるものがないか調べるよう指示を出す。



5_e0


被験者:嵐か何かを遮っています。

観察者:もう一度言ってください。

被験者:嵐を防ぐシェルターみたいです。

観察者:今見ている建物のことですか?

被験者:はい。そう設計されています。

観察者:分かりました。中に入って、様子を教えてください。(実際の時間で37分が経過)

被験者:色々な部屋があります……でも、ほとんどには家具とか…そういった類のものはありません。そうですね、あぁ……睡眠のための専用の部屋といった感じです。冬眠とでも言えばいいんでしょうか。見たままを言うと、嵐、すごい嵐ですね。嵐の間ずっと眠っているんです。




火星人は生き残りをかけて移住の地を求めていた?



6_e0


観察者:嵐の間、誰が眠っているのか教えてください。

被験者:……あぁ……とても……今度も背が高くて、とても大きな……人たちです。でもとても痩せていて、身長と着ているもののせいで痩せて見えます。うーん、本物の光の絹みたいな感じですが、ゆったりしたタイプではなく、ぴったりしています。

観察者:近寄って、彼らについて尋ねてみてください。

被験者:彼らは古代人です。彼らは、そう……死にかけている。これはこれまでの彼らの時間というか時代です。

観察者:それについて教えてください。

被験者:彼らはそれについてとても哲学的です。彼らが探しているのは……生き残る方法、でもできなかった。

被験者:対処できなかったみたいです、解決策が見つからなかったみたいです……だからすがるような思いで、何かが帰ってくるのを、何かが答えを持ってくるのを待ち続けているんだ……

観察者:何を待っているんです?

被験者:……彼らは、あぁ……どうやら……新しい生きる場所を、あぁ……探しに行った仲間のグループです。だんだんととんでもない全貌がつかめてきたように思います……彼らの環境が崩壊しつつあるんだ。急激に破綻しつつあり、そのグループはどこかとても遠いところまで、移住する地を探しに行ったんです。

観察者:その大気か環境の破壊の原因は何です?

被験者:……イメージが見えます。それは、うーん、ほとんど歪みのような、くそっ、こいつは難しい。進んでいるような、ええっと……

観察者:見たままをですよ?

被験者:あっ、球体ですね……あぁ……彗星の尾のようなものの中を進む球体のような……何かの川を通過していますが、とても宇宙っぽく見えます。宇宙の写真みたいです。


 インタビューが終わりに近づいた頃、観察者は被験者に彼らの1人に助ける方法はないかたずねるよう指示した。



被験者:……私が知ることができたのは、彼らには待つしかないということだけです。私が誰なのかも分かっていません。彼には私が幻覚か何かだと感じられたでしょう。

観察者:なるほど。仲間が出発したとき、彼らは待っていた。いつ出発したのか、どうやって行ったんです?

被験者:……印象としては、うーん……何だか分かりませんね。大きなボートの内部のように見えますが。壁はすごく丸みを帯びて、輝く金属ですね。

観察者:旅についていって、どこへ向かっているのか突き止めてください。

被験者:……火山とガスの溜まり場と変わった植物がある本当にクレイジーな場所という印象を受けます。不安定な場所で、状況は好転していないようですね。違いは、そこは植物が豊かで、他方にはなかったという点です。それから嵐の種類も違います。

観察者:いいでしょう。では私の声のところへ、1984年5月22日の現在へと帰ってきてください。私の声のところへ。私の声の聞こえる部屋に戻ってきてください、私の声のところへ、1984年5月22日へと戻ってきてください。


 これでインタビュー終了した。



 信じられないような話だがCIAは超能力者に紀元前100万年の火星の様子をテレポーテーションで探らせていたのだ。



 全文が読みたい人はネット上で公開されているCIAの文書「MARS EXPLORATION, MAY 22, 1984」で見ることができる。




☆原文が読みてぇ!

↓↓安い!!初月300円で学べます!↓↓
ここをクリックしてね!

ここをクリックしてね!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.