環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

そんならうちらが一番乗りや。アラブ首長国連合が火星での都市建設に名乗りをあげた
BitMiner - free and simple next generation Bitcoin mining software
↑ ↑ ↑ ビットコインがタダで手に入ります!クリックしてね(^O^)

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e11


 火星への移住を目指すのはイーロン・マスク氏だけではない。アラブ首長国連合(UAE)が2117年までに火星に”小型都市”を建設すると発表した。



 2月14日、アラブ首長国連邦(UAE)のシャイフ・ムハンマド首相がツイッターで同国の火星計画を説明。「”マーズ2117”と呼ばれるプロジェクトは、国際協力の下、火星に小型都市やコミュニティの建設」を目指すという。

100年後、火星に都市つくるで



 「マーズ2117には、私たちの宇宙を対象とする主要な宇宙科学も含まれます。若者たちの間に宇宙のパイオニアとなる情熱を育てているところです」



 この計画で若者を奮い立たせたいという政府の狙いはよく分かる。計画の大部分を担うのは、おそらく彼らになるからだ。



1_e16
image credit:twitter


 UAEが100年後にきちんと機能する火星都市を建設するのであれば、何十年にも渡り数世代が関与するものとなる。何しろUAEの宇宙技術はおろか、世界の技術水準もまだ初期水準と言えるのだから。



 現在から2117年の間にUAEは、専門家からの国際的な協力を得つつ、火星への迅速な輸送手段や冷たく乾燥した惑星における食料や住居といった難問に取り組むことになる。



2_e18
image credit:twitter


 「”マーズ2117”は種です。今私たちはそれを播いていますが、科学への情熱と進歩する人類の知識に導かれて、新しい世代で実を結ぶでしょう」



4_e18
image credit:twitter


 UAEは、母なる惑星を超える大志を抱いていることをすでに世界に向けて発信している。例えば、2015年には火星にロボットを送り込む計画を発表した。



 希望の意味の名を持つその無人宇宙船は、2020年に地球を飛び立ち、2021年に火星軌道に到達する予定だ。



via:The United Arab Emirates wants to build a city on Mars

☆絶対に無理じゃ!

↓↓安い!!初月300円で学べます!↓↓
ここをクリックしてね!

ここをクリックしてね!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.