環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

映画オデッセイのように、火星でジャガイモを栽培することはできるのか?(共同研究)
パソコンのスキルアップをしたい方はここをクリックしてね!

0_e5


 ジャガイモ・火星。と聞いて連想するものは?と問われたら、こう答える人はおおいだろう。そう、火星に一人置き去りにされた宇宙飛行士、マーク・ワトニーの生存をかけた孤独な奮闘と、彼を救いだそうとする周囲の努力を描いた2015年公開の映画「オデッセイ 」である。



 では実際に、火星でジャガイモを育てることは可能なのだろうか?


 このプロジェクトはペルーのリマにあるインターナショナル・ポテトセンター(CIP)が発表したものである。昨年CIPは、NASAの支援を受け、「地球上で最も火星に等しい」とされる地形があるアタカマ砂漠より土壌のサンプルを採取した。



 その土をキューブサット(CubeSat)と呼ばれる火星の気候・気圧・大気を模倣した箱に入れ、数品種のジャガイモの種をまいた。





火星でジャガイモを栽培することは可能だった。



 その結果、ジャガイモは火星での過酷な環境下に耐えられる生命力を持つ事が判明した。塊茎は地面の底で育ち、土壌では発芽が見られたそうだ。



 ジャガイモのサンプルの中で、最も成長力を見せたのは亜熱帯低地に順応するように改良された耐塩性のジャガイモだったという。



2_e5


 今回の結果で得られた物は将来の火星ミッションに有意義になる情報なだけでなく、ジャガイモが地球での過酷な気候変化に耐えうるかを判断するものであるという。



 CIPによるとジャガイモは特に気候変化に強い植物なのだそうだ。



4


 公式サイト、potatoes.space/marsでは、ライブストリームやジャガイモが育つ様をタイムラプス映像を見る事が出来る。



 今回の研究に参加したSETI学会員でありNASAのエイムズ研究センターのジュリオ・ヴァルディヴァシルバー氏はこう語る。



農作物を火星の環境下で育てられるかどうかを調べる実験は非常に重要です。キューブサットは火星の環境を模しており、そこで生き延びられるということは、火星で栽培が可能である事を示唆しています。



私達は今後も幾つかのジャガイモの品種を試してみる事で、火星の環境に最も適したジャガイモを探しあてるつもりです。また、その上でジャガイモが育つのに必要な最低限の環境は一体何なのかを調べるつもりです




1_e5




なぜジャガイモなのか?



 CIPのジャガイモブリーダー、ウォルター・アモロス氏によれば、ジャガイモの遺伝子は、過酷な環境下でも育ち、豊富な栄養価を持っているからだという。もちろん映画「オデッセイ である。」効果も少なからずあるだろう。



 だからと言って火星に降り立った未来の人々がジャガイモを植えたところで、直ぐに育つわけではない。CIPによればまず土壌を緩くする必要があり、十分な栄養を与え、塊茎に十分な酸素と水分を与えなければ、今回の結果は望めないと言う。



 いつの日か人類が火星に降り立った時、本当にジャガイモが育つのかどうかを確かめることができるだろう。そう遠くない未来に。





CIP /NASA /UTEC Potatoes in Mars

via:Yes, You Can Grow Potatoes On Mars

via:iflscience.

☆絶対に無理。熱でやられる!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.