環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

アメリカ・ニューメキシコ州北部の森林で謎の石柱が発見される。
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

00_e0


 これはいったい?

 ニューメキシコ州最初の入植者からのメッセージ?とでもいうのだろうか?

 

 同州北部の森林で発見された石柱が謎を呼んでいる。石柱には歴史の古さを窺わせるシンボルが掘られているが、その歴史についてはっきりしたことは誰にも分からない。





Mysterious stone pillars emerge from northern New Mexico forest



石柱に刻まれたシンボルの意味は?



 この石柱の謎の解明に挑んでいるのがルイス・セルナさんだ。彼は偶然発見した石柱の模様を見て、その謎に取り憑かれてしまった。彼によると、石柱は「ロスルナス十戒石」にも匹敵するニューメキシコ州で最も興味深い謎であるそうだ。



 「何者かに対するメッセージだと思うんだが、最大の謎はそれが誰に宛てたものかってことだね」



3_e0




ホテルに展示されていた謎の石柱



  ことの発端は2013年7月7日に宿泊したシマロンのセントジェームズホテルである。



 「ロビーで面白いものを見つけたんだ」



 ホテルのロビーの片隅に白い石柱が置かれていたのだという。



 「私は中東にいた経験があるんだが、そのおかげでシンボルを一目見て、ニューメキシコのものじゃないと気がついたよ」



 フロントに石柱について尋ねてみると、「サンタフェ・トレイル(西部開拓ルートの1つ)の標識」と説明された。



1_e2


石柱の起源は中東?



 そんなはずはないと思った。この一帯で土地の払い下げは普通に行われていたが、土地の境界を記したものに見えなかったからだ。



 そのとき撮影された写真からは、石柱に十字軍の十字架らしきものが彫られていることが確認できる。ここから石柱の起源は中東にあると推測された。理由は不明だが、ここまで運ばれてきたようだった。



 またニューメキシコ州に入植してきたヨーロッパ人が石柱を作ったわけではないとも考えている。



 「十字軍の十字架だから、中東のエルサレムを示しているんじゃいかな。ソロモン神殿のことだよ」





謎の石柱はいったいなぜホテルに持ち込まれたのか?



 セルナさんは石柱の謎を解く一環として、そもそもそれがなぜセントジェームズホテルに持ち込まれたのか調査してみた。



 幸いにもホテルの前所有者エド・シッツバーガーさんと連絡がとれ、当時の話を聞くことができた。彼によると、石柱は1987年に付近の森の中で発見した農場主が持ち込んだのだという。



 「シマロンには大きな牧場がいくつもあるが、その1つを所有していたのがマクダニエル家さ。当時の経営者はミルトン・マクダニエルだね」



 そのミルトン・マクダニエルは当時、牧場にする土地を求めてヴァジェ・ビダルを訪れていた。そこで正体不明の持ち主も分からない石柱を発見したので、トラックに乗せてホテルまで運んできたのだという。そして話の種としてロビーのオブジェに置かれることになった。以来、石柱はそこに飾られている。



4_e0




石柱は家の敷地内で発見されたものだった?



 しかし今年3月23日にこの話がテレビでオンエアされると、マクダニエル家からクレームが入った。その人物によれば、そもそも石柱はヴァジェ・ビダルで発見されたのではなく、マクダニエル家の敷地内で発見されたのだそうだ。



 しかし彼の主張にもかかわらず、具体的な発見の経緯については明かされていない。



 結局、石柱が発見され、ホテルに持ち込まれた経緯について確かなことは分からずじまいとなっている。





2つ目の石柱が発見され、その謎は深まるばかり



 4年間の調査にも関わらず、シッツバーガーさん以外はほとんど協力を得られなかったとセルナさんは疑問を抱き始めた。



 ニューメキシコ大学の考古学者、ニューメキシコ州歴史担当局、土地管理局、はてはフリーメーソンのような地元の宗教組織にまで協力を依頼したが、関心を示す者は皆無であった。



 「現状維持されているか、しかるべき場所で保管されているのでない限り、連中は興味を示さないよ。でっち上げかもしれないからね」



 しかし農務省林野部に問い合わせたとき、謎をさらに深める事実が明らかとなった。カーソン国有林クエスタ地区の考古学者が2つ目の石柱を森林の中で発見したことが判明したからだ(保存するため、現時点で具合的な場所は非公開)。その大きさはほとんど同じで、同じようなシンボルが彫られていた。



00_e0


 「彼らによれば、小型の墓地だそうだ」



 第二の石柱は暮石らしき石に囲まれているというのがその根拠らしいが、セルナさんは墓地説に懐疑的だ。



 「そんなはずはないね。そもそも名前も生年月日も享年もないんだから」



 セルナさんの考えでは、周辺に置かれていた石は迷信によって説明できる。かつての入植者や狩人が石柱は聖地の目印であると考え、やがてその周囲に人を埋葬するようになったというのだ。



 「すべてが中東に起源があると伝えているよ」



 そう話すセルナさんによると、石柱のシンボルは宗教的なもので、それと同じものがソロモン神殿の胸壁に見られるという。





第二の石柱には八芒星が?



 セントジェームズホテルの石柱の片側面には杯らしきものが彫られているが、これはメノラー(9本枝の大燭台)だと推測されるという。



 あるラビから聞いた話では、初期のメノラーにはロウソクが2本しか立てられていなかったのだそうだ。また上部へ放射しているような円はエジプトの太陽か、プロビデンスの目(神の全能の目)だと思われる。



 第二の石柱には八芒星が彫られている。これは古代のシンボルで、十字軍の神殿騎士が記章に使用していたものだという。



 こうしたことを総合的に勘案して、セルナさんは石柱は誰かへ向けたメッセージなのではないかと考えている。1つに植民化の作業との関連が考えられるが、確証まではないという。



 「自分は考古学者じゃないけど、専門家は興味を示さないしね。だから自分なりに考えてみたのさ。自分ももう若くないから、死ぬまでに謎が解けるといいね」



 こう語るセルナさんは、専門家による正式な調査を期待している。



via:beforeitsnewsredditkrqeなど

 まああれだ。最近でも未来人に向けての壮大なギャグを刻んだ石柱が埋蔵されたわけだし、もしかしたらするってーと、古代人が未来人にかました壮大なギャグなのかもしれないわけだし、もうちょっと本気で調べてみてほしいものだ。

☆何もわからんままに、人類は滅びると思うのだが・・・!

おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.