環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

NASAが火星に入植者向けの核発電プラントを開発
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

0_e0


 核分裂原子炉はウラン原子を半分に分裂し、熱を発生させる。この熱を利用することで発電が可能になる。10キロワットの容量を持つ核原子炉なら、4基で8人が暮らすコロニーを支えることができるそうだ。



 1960年代に継続的に行われた実験から半世紀後、NASAが原子炉の開発を決定した。これはドナルド・トランプ大統領から下された、その任期中に火星に人類を降り立たせよという要請を受けてのものだ。



 しかしプロジェクトは決して安いものではない。単なる試験期間だけでも、納税者は16億円を負担しなければならない。

イーロン・マスク氏は1世紀以内に人類は火星を征服するであろうと述べている。テスラモーターズやペイパルで知られる同氏は、スペースXで火星進出を狙う人物だ。



 彼によると、スペースXは火星への入植を商業ベースに乗せることが可能で、1人当たり2,000万円程度と比較的安価な火星渡航費用の実現を期待しているという。




2_e0


 ニュースペースに掲載された論文でマスク氏は、「現段階では、無限のお金を支払っても火星に行くことは不可能」と述べている。



 さらに「従来のアポロ計画的なアプローチでは楽観的に見積もっても、1人当たりのコストは1,000億円ほどだろう」とも。



4_e0


 「火星への渡航費が1,000億円もするなら自立型文明を築くことはできない。火星への渡航費がアメリカにおける中程度の家と同等、すなわち2,000万円程度にまで下がれば、自立型文明を築ける可能性は非常に高いだろう」



 そしてこう述べる。



 「私はそれが起きるのはもう間もなくだと思う」



via:scientificamericannasaなど

☆行っても何にもあらへんがな!


スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.