環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

ボイジャー打ち上げ40周年記念で、NASAがダウンロードフリーのポスターを公開
おもしろ雑貨をお探しの方はここをクリックしてね!

tn


 1977年、NASAは2台の探査機を打ち上げた。ボイジャー1号と2号である。



 人類の宇宙探査に大きく寄与したボイジャーの打ち上げ40周年を記念して、NASAから3枚のポスターが公開された



 1枚はシンプルかつモダンなデザインのもの、残りの2枚はレトロで、1枚は70年代の「ディスコ・コンサートのチラシのような」もの、もう1枚は「大衆向けSFのカバーのような」ものだ。ポスターサイズ、高解像度で、まとめてダウンロードすることもできる。

 NASAのサイトでは、3枚のポスターそれぞれに説明文がつけられている。それを読んでいけば、ボイジャーミッションの概要が分かるようになっているのだ。



ボイジャー:星へ到達



Reaching_for_the_Stars
image credit: NASA/JPL-Caltech


 1977年に打ち上げられたボイジャー探査機2台は、銀河系の他の部分に向けての我々の大使であり、地球との連絡が途絶えた後も、何十億年も銀河系の中心を周回し続けるよう定められている。



 2012年8月25日、ボイジャー1号は、星間空間に到達した最初の人工物体となった。ボイジャー2号も数年以内に到達する予定である。打ち上げから40年、ボイジャー2台は、最も遠く、また最も長く稼動しているスペースクラフトであり、今でも多くの発見をしている。



 このポスターは、探査の精神を捉えたものであり、外惑星とさらにその先を目指す野心的な旅を続けるエネルギーの源泉である、宇宙の広大さと不思議を表したものだ。




ボイジャー・ロック・オン



The_Voyagers_Rock_On
image credit: NASA/JPL-Caltech


 ボイジャーのおかげで、音楽は真にユニバーサルなものとなった。2台それぞれが、地球の風景、音楽と歌の入ったゴールデン・レコードを運んで銀河系を旅しているのだ。ボイジャーが打ち上げられた1970年代後半は、古典的ロック時代であり、このポスターは、ミッションの大ヒットを讃えたものである。



 40年間の探査で最もすぐれた発見としては、木星の衛星イオの火山、土星の衛星タイタンの窒素の大気、海王星の衛星トリトンの冷たい間欠泉などがある。



 さらに、ボイジャー1号は、海王星より遠くから「ペール・ブルー・ドット(青白い小さな点)」である地球の姿を送ってきた最初の探査機であり、2012年8月25日には、星間空間に到達した。ボイジャー2号も、数年以内に星間空間に到達予定である。



 40年経った今でも、ボイジャーのヒットは届き続けているのだ。




グランド・ツアー:JPLトラベル・ポスター



The_Grand_Tour
image credit: NASA/JPL-Caltech


 NASAのボイジャー計画は、太陽系のグランド・ツアーのため、175年に一度しかない外惑星の直列の時期を捉えたのである。



 2台のスペースクラフトは、木星、土星、天王星、海王星の詳細を暴いた。それぞれの惑星の重力を用いて、次の目的地へと送られたのである(スイングバイ航法)。木星へのガリレオ、土星へのカッシーニといった野心的なミッションのための舞台を整えたのだ。



 今日でも、2台のボイジャーは価値ある科学的データを太陽系の最果てから送り返してくるのだ。

※JPL: Jet Propulsion Laboratory (ジェット推進研究所)




 SF映画『スター・トレック』の世界では、300年後の未来にもボイジャーの名は記憶されている。ボイジャーからの電波が途絶える日がいずれ来るだろうが、現実世界においてもその名を記憶にとどめておきたい。



via: NASA / Atlas Obscura など

☆ボイジャーなんか忘れとったわい!
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.