環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

2045年までに技術的特異点が起きると人工知能の権威、レイ・カーツワイル氏が予測
小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

4_e13


技術的特異点とは科学技術の進歩によって人間の能力をはるかに超える人工知能が登場し、何かが起きる時のことだ。



 人工知能の権威でありグーグル技術部門のディレクターを務めるレイ・カーツワイル氏は、正確に未来を予測する人物としても知られている。



 彼は1990年代以降に147の予言を行ったが、本人の弁によればその的中率は86パーセントだという。そして先日米テキサス州オースティンで開催されたSXSWカンファレンスで新たな予言が行われた。



 特異点が30年以内に起きるというのだ。

 まあ前から言ってたようだけどもね。

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス






facebook



 カーツワイル氏はカンファレンスで次のように発言している。



私は2029年にAIがきちんとしたチューリングテストをクリアすると予言しました。AIが人間の知能に到達する日です。2045年を”特異点”の日と言っておきましょう。その日、人が作り出した知能と融合することで、私たちの知能は10億倍になります




 「特異点」とは、AIをはじめとする科学技術の進歩によって人類を超える知能を宿したマシーンが登場する時のことだ。



 カーツワイル氏の予測は、2047年までに超知能マシンが登場すると予言したソフトバンクの孫正義氏など、他の人物による予測と概ね一致するものだ。しかしカーツワイル氏はそのプロセスはすでに始まっていると述べている。



それはコンピューターに人間の知能を持たせるに至らせます。私たちはそれを脳に装着し、クラウドに繋がります……意識の拡大です。今日において、それは未来のシナリオではありません。すでに部分的に実現しており、ますます加速するでしょう




3_e16




人類は特異点を恐れるべきだろうか?



 それは遅かれ早かれやってくる。そこで誰もがこう考える。「人類は特異点を恐れるべきだろうか?」と。



 機械が人間より賢くなれば、それらが世界を掌握するに違いない。スティーブン・ホーキング博士、イーロン・マスク氏、ビル・ゲイツ氏など、各業界を代表する人物がそうした未来について警告している。



 だがカーツワイル氏の考えは違う。彼は恐れていないどころか、心待ちにしている。彼によれば、単一のAIが人類を奴隷にするというSFが描く特異点は単なるフィクションにすぎない。



 「現実的ではありません。世界にAIが1つしかないなんて。今だって無数に存在するんですよ」





特異点は人類が向上するチャンス



 カーツワイル氏にとっての特異点は、人類が向上するチャンスである。彼は、AIの知能を向上させている技術は人類をもまた大きく進歩させると考えている。



実際には機械が私たちに力を与えてくれるでしょう。AIが私たちをより賢くするのです。まだ実現していませんが、2030年代には人間の思考を司る大脳新皮質に接続され、私たちはクラウドにアクセスできるようになります


 これはマスク氏の「ニューラルレース」やピーター・ディアマンディス氏の「メタインテリジェンス」といった概念に似ている。カーツワイル氏はその未来の生活を次のように説明する。



これまで以上に新皮質の活用が可能になり、ユーモアや音楽のセンスが向上します。今よりセクシーにもなるでしょう。人として価値あるとされるものごとすべてが大幅に向上するはずです


0_e16


特異点は機械が世界を支配する日ではない

人間と機械が融合を果たす日である



 こうした彼の予測するサイバネティクス社会を単なる空想に過ぎないとする意見に対して、カーツワイル氏は今すでに脳にコンピューターを仕込んだ人がいることを指摘する――それはパーキンソン病の患者である。



 このようにサイバネティクスはすでに目と鼻の先までやってきている。そして科学技術には進歩するという性質があるために、2030年代中に機械が脳に埋め込まれ記憶を補助するようになるだろうと彼は予測する。



 カーツワイル氏が予想する特異点は、機械が世界を支配する日のことではない。人間と機械が前例がないほどの融合を果たす日である。



via:facebook / futurism


☆いよいよ、ターミネーターの世界がやってくるんじゃ!

リニューアルオープンしました\(^o^)/

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.