FC2ブログ
環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

記憶を消去し、病気と闘ってくれる脳チップ—15年後、超人類誕生の予感。
小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

1_e4


 脳にマイクロチップを移植することで人体の潜在能力を一気に解き放つ――まるでSF映画のような話だ。だが、こうした技術を研究しているカーネル社の創業者ブライアン・ジョンソン氏によると、この夢のテクノロジーは15年以内に実現するかもしれないそうだ。



 先日ポルトガル・リスボンで開催されたウェブサミットに登壇したジョンソン氏は、心の潜在能力を解き放つことは、人類史上「最も偉大な達成」と発言した。

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス





Web Summit 2017 Opening Night (Part 4) - "Rebooting the Brain" by Bryan Johnson (Founder of Kernel)



脳に使用するツールが登場、15~20以内に。



 「15年から20年以内に脳に使用する確かなツールが登場すると予想しています。それについてはいろいろな疑問があるでしょう。例えば、『完璧な記憶は可能か?』『記憶を消すことはできるだろうか?』『学習の速さを向上させられないだろうか?』『脳同士のコミュニケーションは可能だろうか?』といった具合のね。私たちはそれを望んでいるんですから」とジョンソン氏は語る。



 「『1800年代のアメリカ大陸西部のカウボーイはどんな感じだったろう?』と疑問に思ったとしましょう。そして誰かがその情景を心に思い浮かべたとします。するとその人の想像したものを買うことができるんです。経験を買うなんてこともできるはずです」



2_e5


マイクロチップはスマートフォンのように一般に普及すると予測



 仮にそうしたデバイスが開発されたとしても一部の富裕層しか手に入らないと考える人もいるだろう。だがジョンソン氏はマイクロチップが現在のスマートフォンのように一般に普及するだろうと予測する。



 「より大きな疑問は、これが贅沢品なのか、必需品なのかということですね。私は何かを失うのではと恐れている人を理解できません。その焦点が人類だけに絞られない理由も理解に苦しみます。だって一切は私たちの脳から生じているんですよ」





まずは医療用のデバイスから



 カーネル社が現在取り組んでいるのは、人の医療用脳インプラントデバイスのプロトタイプ開発だ。すでに病院のてんかん患者に対して実験を開始し、初期のものとしては良好な結果が出ているという。



 今後は商業化が目指される。しかし健康な人向けのデバイスが登場する前に、アルツハイマー病などを患う変性疾患の患者の記憶力を改善するデバイスが開発されるだろう。



 「今考えているのは、記憶機能を失ってしまった人のために、海馬用デバイスで脳の回路を回復し、記憶力を取り戻させるというものです。最初の超人類の誕生は、障害を抱えている人たちから着手されるでしょう」とジョンソン氏は話している。



via:Web Summit 2017 Opening Night / theverge / dailymailなど/



 脳チップを埋め込むことで私の1日30分何かを探しているという、超忘れっぽい部分とか改善されるんだろうか?でもって日本だから保険適用とかになるんだろうか?



 脳チップの誤作動とかいろいろ不安はあるものの期待もたっぷりの研究である。

☆絶対にせねばならん、金貯めとこ!


小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.