FC2ブログ
環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

青銅器時代に作られた武器や道具のほとんどは宇宙の素材「隕石」から作られていた(フランス研究)
小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

1_e2


 新しい研究によれば、青銅器時代の鉄製の武器や道具はいずれも隕石から抽出した素材で作られたのかもしれないそうだ。

 この発見は、鉄鉱石から鉄を精錬する技術を人類が発明する前に作られた鉄器の作成方法について、専門家に深い洞察をもたらしてくれる。


小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

青銅器時代の発掘品には隕石由来の金属が多く含まれていた



 それまでの研究によって、ツタンカーメン王の埋葬品である短剣など、青銅器時代の発掘品の中には隕石由来の金属から作られたものがあることが明らかにされていた。今回の最新の研究は、それがどの程度一般的だったのかという疑問に答えるものだ。

2_e
ツタンカーメン王の短剣 image credit:Wikipedia


 フランス国立科学研究センターのアルバート・ジャンボン氏は、エジプト、トルコ、シリア、中国の博物館に所蔵されている遺物をX線蛍光分光計で解析し、いずれも起源が同じであることを発見した。

 「現在の結果は、文献で説明されている高度な解析を補完するもので、青銅器時代のほとんど、あるいはすべての鉄が隕鉄から抽出されたことを示唆している」と論文で述べられている。

なぜ青銅器時代に鉄製のものが存在したのか?



 紀元前3300年頃に始まった道具、武器、宝飾品などに用いる金属として青銅が使われていた時代を青銅器時代という。青銅は丈夫で、しかも銅を溶かして錫などと混ぜるだけと作り方も簡単だった。

 それから2000年後、鉄鉱石から鉄を精錬する上で必要になる高温を実現する方法が発見されたことで、鉄を取り出すことが可能になった。鉄器時代の幕が上がったのはこの時だ。

 ゆえに歴史家は青銅器時代まで遡る鉄製の武器や道具が存在することに頭を悩ませてきた。「この鉄は一体どこからやってきたのか?」と。それは当時、最も希少なものであったろう。

3_e2
先史時代のエジプトで発見された隕鉄のビーズ image credit:Petrie Museum of Egyptian Archaeology


当時の人々は隕石の鉄を利用していた



 この疑問を解く鍵が、地球に落下した隕石の鉄には大量のニッケルが含まれるという事実だ。一方で、ニッケルがその形成中に地球内部の溶鉄コアへ向かって流れるメカニズムのために、地上の鉄鉱石にはそれほど含まれない。

 X線蛍光分光計は物質に触れずに対象の化学組成を解析することができる。これを用いて、ジャンボン氏はビーズ、短剣、ヘッドレストなどの博物館の展示物を研究した。

 その結果、それらからニッケルが豊富に含まれる隕鉄が発見された。隕石に堆積した鉄は精錬を行わずとも利用することができたのだ。

4_e2
隕鉄 image creditH. Raab:


新たなる歴史の紐を解く1ページへ



 この発見の素晴らしいところは、それが青銅器時代の知られざる歴史を明かしてくれることだけではない。実は、これは人類が初めて地球の鉱石から鉄を取り出すことができた時期と場所を特定する手がかりになるのである。

 人類が史上初めて鉄を精錬した時期は誰も知らないが、同じやり方で研究を進めれば、隕石から鉄鉱石へと変わったタイミングを特定できるかもしれない。

via:sciencedirect / sci-news / zmescienceなど

☆隕石なんか知る由もなかったろうに!


小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.