環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

ちょっと遠いけど期待。惑星「K2-18b」がスーパーアースである可能性が高いことが判明。地球外生命の存在に期待
小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

0_e

 スーパーアースとは、太陽系外惑星のうち岩石や金属など固形の成分でできた岩石惑星のことで、その質量は地球の数倍以上ある巨大地球型惑星のことを示す(諸説ある)。

 地球から111光年離れた惑星「K2-18b」はすでにその存在が確認されていたが、新たな研究によるとスーパーアースである可能性が高いという。

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ハビタブルゾーン内に存在したスーパーアース「K2-18b」



 アメリカ・テキサス大学とカナダ・モントリオール大学の研究者による最新の研究によれば、すでに存在が知られていた「K2-18b」はスーパーアースかもしれないという。スーパーアースは生命を支えられる可能性がある巨大な岩石の惑星だ。

 軌道がハビタブルゾーン内に収まっているために、生命誕生の鍵を握る液体の水が表面に存在することもあり得る。

ハビタブルゾーンとは?:宇宙の中で生命が誕生するのに適した環境と考えられている天文学上の領域のこと
 

新たなる惑星「K2-18c」も発見される



 またその付近では「K2-18c」という惑星も新たに発見された。両惑星は地球から111光年先にあるしし座内の赤色矮星「K2-18」を公転している。

 筆頭著者であるモントリオール大学のライアン・クルーティエ氏は、「K2-18bの質量と密度を測定できただけでも素晴らしいことですが、新しい外惑星まで見つかるとは望外のことです」とコメント。

2_e
しし座内の赤色矮星K2-18とK2-18b、K2-18c image credit:University of Montreal


K2-18bは大気を持つ巨大な岩石惑星。だがさらなる調査が必要



 K2-18bの解析に用いられたのは、ヨーロッパ南天天文台の高精度視線速度系外惑星探査装置(HARPS)だ。これは惑星によって影響を受ける恒星の視線速度を測定する。

 観測の結果、惑星はおそくらガスの大気を持つほとんどが岩石でできた惑星であると判明した。大きい点を除けば地球に似ているのだ。ただし分厚い氷の層を持つ水の惑星である可能性も捨てきれないため、今後の調査が必要となる。

4_e
image credit:ESO

で、地球外生命体はいそうなのか?



 K2-18bの大気については、2019年に打ち上げが予定されるNASAのジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡によってさらに調査が進められるはずだ。

 新たに発見されたK2-18cは、恒星に近いことから、残念ながら生命を宿すには暑すぎるようだ。

 研究の共著者であるモントリオール大学のネレ・ドヨン教授は次のようにコメントしている。

 「この宇宙望遠鏡は各方面から引っ張りだこになるでしょうから、どの外惑星を観測するのか入念に決めておかねばなりません。K2-18bは大気研究の対象として、現時点では最高のものの1つでしょう。ほとんど最優先的な対象ですよ」

via:phys / independent / sciencedailyなど

☆困ったときのスーパーアースネタ!


小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.