FC2ブログ
環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

爆発する恒星から放たれる宇宙線が氷河期につながる可能性(デンマーク研究)
小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

0_e4

 爆発する恒星から放たれる宇宙線が地球の天候に影響を及ぼしているという。

 デンマーク工科大学による最新の研究は、超新星から届いた宇宙線に起因するイオンが地球の大気で雲を作り出し、雨を降らせていることを明らかにした。

 雲が形成されれば、それだけ気温も下がる。これは長期的な気候に大きな影響を与えており、地球が小氷河期に入る可能性もあるという。

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

かつて地球が体験している小氷河期



 例えば、1000年頃に発生した中世の温暖期や13世紀から19世紀に生じた小氷河期は、太陽活動と相まった宇宙線の影響が関連しているようだ。

 「宇宙からやってくる粒子が地球の気温に影響する仕組みに関して、ついに最後のパズルのピースが手に入りました」と語るのは、デンマーク工科大学のヘンリク・スベンスマルク(Henrik Svensmark)博士。

 これにより太陽活動や超新星活動が気候を変化させる仕組みを理解できるという。

iStock-871635762_e

宇宙線が地球の気候に与える影響



 研究では、上層大気の気圧と湿度を模倣した霧箱の中で地球の大気をシミュレーションし、宇宙線がそこに与える影響を2年間観察した。

 観察から判明したのは、爆発する恒星から放たれた高エネルギー粒子が空気分子から電子を押し出し、イオン(正の電荷あるいは負の電荷を帯びた粒子)を生じさせることだ。

 イオンは水と硫酸を引き寄せ蒸発しないクラスターを形成(核生成)する。クラスターが成長するにつれて、よりいっそう水が引き寄せられ、それが十分な大きさになると雲になる。

5_e3

太陽の磁気活動が宇宙線の流れを変える



 研究は、太陽の磁気活動が地球に降り注ぐ宇宙線の流れを変えることも示している。太陽活動が穏やかな時(現在がそう)は宇宙線が大気に進入しやすく、地球の気候は下がる。


 逆に太陽が活発な場合は、放出される磁気が地球に降り注ごうとする宇宙線を阻むため、雲も形成されにくくなり、気候が上昇する。


☆最近、暑いんやら寒いんやら分からへんがな!


小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.