FC2ブログ
環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

意外なほど多かった!シンプルな公式で宇宙に存在する異星人の数を推定。ちてきせいめ一番近い場所
小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ufo-2150340_640_e


 数十年前、異星人の存在を信じていると堂々と公言するのは、ちょっと気恥しい感じだった。だが今や状況は変わったようだ。



 宇宙には2兆もの銀河が密集している。そこにいるのが人間だけだと発言しようものなら、逆に独善的だと言われかねない。米国で行われた最近のアンケートによると、54パーセントが知的生命体の存在を信じている。半数以上だ。



 だが異星人が存在するという具体的な証拠は一切ない。それでも多くの科学者が、宇宙には地球外生命が散りばめられているという見解を支持している。



 では異星人はどれくらいいるのだろうか?そして最も近くにいる異星人と地球人との距離を推定することはできるだろうか?



 この問いに挑んだ科学者がいる。

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

異星人の数を推定するドレイクの方程式



 1961年、フランク・ドレイクというアメリカの天文学者は、銀河に存在する技術的に発達した文明の数を推定するシンプルな方程式を考案した。



 これは「ドレイクの方程式」と呼ばれるもので、アインシュタインの「 E = mc2 」に次いで有名な公式だ。この公式は、他の恒星の周囲にある居住可能な惑星の数、そこに生命が宿る確率、それが文明を築くまでに進化する確率を考慮したものである。



2_e2
フランク・ドレイク


6つの恒星のうち1つは生命が居住できる可能性が高い



 だがドレイクの方程式に頼らずとも、地球外文明の数とその地球との距離を推論することは可能だ。



 最近の研究によって、恒星6つのうちの1つは、生命が居住可能な惑星を有していることが明らかにされた。



 100万に1つなどというレベルではなく、6つに1つである。これを踏まえて、いくつかの問いを立ててみる。



 例えば、地球サイズの惑星100万個のうち、そこに存在する者が技術的に高度に発達しているケースはどのくらいあるだろうかといったものだ。



nut-2638493_640_e




居住可能な惑星のうち半分が生命を宿したとしてもおかしくない



 地球の生命はあっという間に誕生した。それは3億5000万 × 1兆ガロンという海水で無作為に生じた化学反応によって、数百万年を経てもなお再生することができる分子が誕生するという現象である。



 これを念頭に置いて考えると、懸命になって煽り立てずとも生命は芽生えることが分かる。ゆえに居住可能な惑星のうち半分が生命を宿すと仮定したとしても、妥当性を欠くわけではない。



iStock-506241710_e




知的生命体が存在する確率は高額宝くじを当てるレベル



 もちろん、知性を宿すか否かはもっと不確かだ。



 仮に生命を宿した惑星100個のうち1つに、思考能力を備えた生命体が誕生するとしよう。そしてフランク・ドレイクの仮定に従い、地球外生命は絶滅までに1万年ほど存続するものとする。すると恒星系1億個のうち1つに技術的に高度な生命が存在すると算出できる。



 これは某宝くじの当選確率にも似ているかもしれない。



iStock-692687026_e




異星人の居場所との最短距離



 では異星人の居場所との最短距離はどうだろうか。



 我々が暮らす銀河における恒星同士の平均距離は地球から恒星「プロキシマ・ケンタウリ」までの距離に等しい4.2光年である。



 つまり1辺4.2光年の立方体の中に平均1つの恒星があるということだ。



 ここで1辺2000光年というもっと大きな箱について考えてみる。



 すると、そこには1億個の恒星が存在し、おそらく高度な文明が1つ存在するということになる。





最も近い異星人文明は2000光年先に1つか2つ存在



 こうした計算はかなり大雑把なものだ。それを前提で言うと、最も近い異星人文明は2000光年先に1つか2つ存在すると推定されている。



 と言うことは、オリオン座のベルトの部分で輝く3つの星よりも近いということだ。



 もちろん、異星人がそれよりも遠い、あるいは近いところにいるという可能性がないということではない。



 だが、推定された距離は地球のご近所に異星人はいないと示唆している。



 彼らが地球を訪問するインセンティブなどないだろうし、おそらく地球の存在も知らないだろう。



iStock-801947894_e




地球人は異星人を訪問することができるのか?



 また地球人が他の惑星にいる異星人を訪問することも無理だ。



 最速のロケットですら到着までに2000万年かかるのである。地球外生命は存在する可能性が高く、おそらく我々の銀河には1万の文明があり、他の銀河でもそうだと考えられる。



 彼らは地球の近所とは言い難いが、それでも発見するだけなら十分近いかもしれない。ゆえに天文学者は今も夜空を見上げ、異星人が発する電波を探し求めているである。



References:Simple Math Proves How Many ALIENS May Be Out There... A LOT More Than You Think! | Disclose.tv/


☆宇宙人なんかに会う意味はないと思うねんけど!


小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.