FC2ブログ
環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

「人間は2050年までに死を超越する」と主張するイギリスの未来学者
小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

heart-1391722_640_e


 生まれた時から人は死というゴールに向かって歩き続けていく。その速度の差はあれ、誰にも避けられないのが現実である。



 古代ローマの時代から伝わる「メメント・モリ(自分が必ず死ぬことを忘れるな)」は、ともすると忘れがちになりそうな「死」を思い起こさせてくれる言葉である。



 逃れられぬ宿命と向き合うことは大切なことであるが、同時に人類はそれを避ける方法をも模索してきた。



 医療技術は驚くべき速度で発達しているが、現状では死は免れることはできない。



 ところが、人間はやがて不死を手にすると主張する科学者がいる。果たして、その未来学者が主張するように、人は科学技術の力で死を乗り越えられるのであろうか?

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

未来学者が予言、人類は2050年までに死を超越する



 このような予言をなしたのは、英国コンピュータ協会、芸術科学ワールドアカデミー、世界革新ファンデーションの会員である、エンジニア兼未来学者のイアン・ピアソン氏だ。



 同氏は、自身について「10~15年先のことなら85パーセント」の確率で的中させることができると豪語する。そのピアソン氏が、ザ・サン紙のインタビューで人類は2050年までに死を超越すると予言した。それはまず大富豪から始まると……。



self-portrait-1265148_640_e


いつの日かあなたの体は死ぬ。車に轢かれてかもしれないし、病気のせいかもしれない。だが、そんなことは問題ではない。心は在り続けるからだ。



失われた有機体に代わり、アンドロイドの体を利用できるようになるだろう。一般的な所得の庶民はもっと長く待たねばならないだろう。



それでも2060年には、あなたや私のような人間にも手が届くようになり、2070年にもなれば、貧しい国で暮らすほどほどの所得の人々ですら買えるようになる




意識の寿命を無限に伸ばす3つの技術トレンド



 予言の中で、ピアソンは人間の寿命(少なくとも意識の寿命)を無限に伸ばす3つの技術的トレンドを挙げている。



・アンチエイジング遺伝子療法や培養人体パーツによる若返り



・人間の意識のデジタル化とそれをバイオハイブリッドアンドロイドにダウンロードする技術



・意識を仮想現実の中で永遠に存続させる技術
 である。



iStock-904420104_e


 こうした予言はSFには恰好の題材だ。一部の研究資金の獲得にもつながるかもしれないが、だが本当に可能になるのだろうか?



 科学で不死を実現するという類の話は、世界各地の宗教で語られるあの世、輪廻転生、霊魂といった概念と近いように感じる。



 本当に人の意識をデジタル化できるようになるのだろうか? そして、私たちはそれを心から望んでいるのか?



 できることと、するべきかどうかはまた別の話になってくる。


☆どのような方法であってもいいから長生きしたい!


小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.