FC2ブログ
環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

ガンダムのハロみたいなヤツ!国際宇宙ステーションで活躍予定の浮遊するAIロボット「CIMON」
小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

0_e7


 国際宇宙ステーション(ISS)に滞在するクルーたちは、まもなく新しい仲間を迎えることになる。それは「浮遊する頭脳のようなもの」だ。



 イメージ的にはガンダムシリーズに登場する小型球形ロボット「ハロ」を連想させるそのロボットは、Crew Interactive Mobile Companion(クルー・インタラクティブ・モバイル・コンパニオン)の頭文字から「CIMON」と名付けられた。



 フランスの航空機企業エアバス社とIBM社のコラボによって開発されたCIMONは、自動式の球形ボディに搭載された人工知能で、宇宙ステーションの微重力環境で浮かぶように設置される。



 ボディに備え付けられたディスプレイには、宇宙飛行士に役立つデータの他、フレンドリーな顔が表示される。またIBM社のAI技術で喋ることもできる。



 その任務は、ISSに滞在する宇宙飛行士のサポートで、ISS内のミッションとしては初のAIが関連した試みである。

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス





Meet Cimon, the floating AI astronaut



2018年6月から宇宙飛行士の同僚として活動するCIMON



 CIMONはインテリジェントマシンとしてデータを処理し、宇宙飛行士のルーチンワークを支援する。ニューラルネットワーク(人間の脳を模したコンピューターシステム)はさらに一歩進んで、宇宙飛行士の「同僚」として働いてくれる。



 重量は5kgで、すでに欧州宇宙機関(ESA)の宇宙飛行士アレクサンダー・ゲルスト氏と訓練を開始している。



 ゲルスト氏は2014年5月から11月までESAの代表としてISSに滞在していたが、今年CIMONを連れて再びISSに戻り、2018年6月から10月にかけてホライズンズミッションに参加する予定だ。



1_e4
image credit:airbus




宇宙飛行士と対話しながら作業をサポート



 2016年以降、50名の技師チームがCIMONの宇宙旅行計画に携わり、ISSのデータ入力、あるいは方向制御や移動制御の開発といった作業に取り組んできた。



 同時にCIMONはISSのレイアウトを記憶したり、写真や音声サンプルを通じて仲間となるゲルスト氏について学んできた。



 CIMONが宇宙に送られてからは、ルービックキューブを解いたり、医療実験でインタラクティブカメラとなったり、宇宙飛行士の実験のチェックリストを管理したりと、一連のタスクに宇宙飛行士たちとともに携わる予定だそうだ。



 また、人間との交流を行うための訓練を受けており、宇宙飛行士のストレス軽減と効率改善に役立つことを期待されている。



References:airbus / standard



 もうちょっと顔を目玉2つだけにして、球体上部のカバーが羽根のようにパタパタ動いたり、「アスラン・ザラ」の名前を連呼したりしたらかなりハロに近づくな。ていうか個人的な願望としては近づけてほしいな。



 てか日本のきぼう船内ドローン「Int-Ball(イントボール)」の方が断然かわいいとおもうのは、日本人の感覚だからだろうか?

☆すごい事になってきてるなぁ!


小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.