環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

プーチン大統領、2019年に火星上陸を目指す。ロシアの有人火星探査計画を発表。
小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

no title


 さてさて、選挙での不祥事が次々に明らかとなっているプーチン大統領だけども、カラパイアでは政治とは関係なく、プーチンという地球ない生命体の多様性を追求していきたい。



 そんなプーチン大統領だが、2019年初頭に火星に有人および無人探査機を打ち上げる計画が発表した。さらに月や深宇宙を目的地とした構想もあるようだ。



 もちろん本人が行くわけではないだろうが、行ってもおかしくない感もある。

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ロシアの有人火星探査計画が成功すれば世界初上陸に



  仮に有人火星探査計画が成功すれば、ロシアの宇宙飛行士はスペースX(2024年に有人探査を予定)やNASA(2030年代予定)に数年先んじることになる。



 これはNASAが2020年に計画する火星への無人探査よりも早い。



 スペースXのCEO、イーロン・マスク氏は有人飛行に使用される宇宙船「BFR」の試験を予定よりも早めると発言しているが、それが2019年初頭のことだ。



8_e2


月へ、火星へ。深宇宙を目指すロシアのプロジェクト



 この発表はロシアのSNS「フ・コンタクテ」に投稿されたものだ。



 ロシアのメディアRTによるとプーチン大統領は、

我々はまず無人飛行、次いで有人飛行を計画している。深宇宙を目指す本計画は、月計画および火星探査の一環だ。



計画は間もなく実施され、2019年に火星への打ち上げを予定している。



専門家は極付近への着陸を目指している。そこに水があると予測されるからだ。そこで研究を進め、それを基に、別の惑星や外宇宙の調査を進めることが可能になる。
 と発表したそうだ。



 なお、詳しい打ち上げ時期についてこれ以上の情報はない。

 

3_e7


本当に来年火星に行けるのか?



 だが最近の経緯を見る限り、ロシアは火星探査レースの強力なライバルにはならないかもしれない。



 2011年、ロシアによって火星探査機フォボス・グルントが打ち上げられたが、それは地球軌道を脱出できず、結局太平洋に落下した。これは数十年の間にあった失敗の中で、最も最近のものに過ぎない。



 またプーチン大統領はロシアが火星を目指す理由も明確にしていない。



2_e6


 人を宇宙開発に駆り立てるものとは何だろうか? 祖国に栄光をもたらすため、あるいはさらなる科学的探求のため。むろん宇宙における覇権の足がかりを築くという動機もあるだろう。



 仮にロシアの目論見通り計画が進めば、プーチン大統領はこれらの目的へ向けて幸先のよいスタートを切ることになる。



References:.telegraph / rtなど/

☆ロシアの技術ではまず無理じゃ!


小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
スポンサーサイト
Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.