環境・サイエンス・ITニュースへのコメントだよ!

火星が地球に大接近。2018年7月31日に最接近し肉眼で見えるレベルに。
Youtubeバージョンもよろしくお願い致しますm(__)m

mars-2051748_640_e


 これから数週間にわたり、地球が火星と太陽の間を通過するために、地球と火星が大接近する。このため7月31日、火星は最大の明るさになる。



 肉眼でも簡単に火星が見えるため、赤い惑星のユニークな姿を観察する絶好のチャンスだ。すでに火星は大きくなっている。見ごろは7月下旬から8月上旬までの間だ。

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

この夏、火星を観測しよう!

 

 シンシナティ天文台のディーン・レガス氏によると、肉眼でも簡単に火星が見えるという。ほかの星よりもずっと明るく、木星はおろか、金星に肩を並べるほどの明るさとなる。しかも晴れていれば7月下旬から8月上旬までは毎晩目にできる。



 距離に応じて、火星の姿はその年毎に劇的に変化する。地球は太陽の楕円軌道を365.25日かけて1周するが、火星の場合は687日かかる。



 両者の距離は大幅に変わり、ある年には大きく接近したかと思うと、またある年には遠く離れ離れになる。2016年、地球と火星が7560万キロの距離を隔ってて正反対の位置に並んだため、火星の姿はとても小さく見えた。



名称未設定-1




7月下旬から8月上旬がチャンス。火星が明けの明星に



 地球の直径は1万2742キロだが、火星は6,779キロと小さな惑星だ。一般に、夜明け前になると火星と一緒に木星も見えるが、こちらは13万9822キロとはるかに大きい。



 だが今年の7月は、地球に大接近するために、木星よりも明るく輝いて見えるようになる。



 望遠鏡を使えば火星表面の細部まで観察できるだろうが、惑星自体は裸眼でも見える。夜空を観察するには、町の明かりのないところに行くのがおすすめだ。

 



2018年の火星の動き(2018年夏 火星大接近)



深夜1時から3時がおすすめ



 日本では6月には22時頃に昇り始め、0時頃になると南東の空の低いところ、3時頃になれば南の空に見える。7月は20時頃に昇り始め、1時頃に南の空、3時頃に南西の空の少し低いところに見える。



 なお次に地球と火星が大接近するのは2035年9月15日と17年後になっている。



 もしかしたら火星にいるヤツらとかヤツらが見えちゃったりするかもしれないし、見間違った場合でもそれがネットをにぎわすことになるであろう。



References:weather/

☆晴れてくれればいいのだが!

Youtubeバージョンもよろしくお願い致しますm(__)m




アインシュタインは正しかった! 遠く離れた銀河でも一般相対性理論が通用することが確認(英研究)
小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

einstein-2197302_640_e


 最新の研究によって、アインシュタインの一般相対性理論が遠方の銀河でも正しいことが初めて確認された。



 これは重力に関する現在の理解を支持し、また間接的にしか知ることができないダークマターやダークエネルギーの存在を裏づけるさらなる証拠となる。


小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

古典物理学の金字塔「一般相対性理論」



 1916年、アルベルト・アインシュタインによって発表された一般相対性理論は、重力が時空という概念から生じる仕組みを説明する。簡単に言うと、物体の質量が時空を曲げる量を予測する理論だ。



6_e1


 発表以来、同論は太陽系内で何度も検証されてきた。だがイギリス・ポーツマス大学の天文学・重力研究所のトーマス・コレット氏らによる今回の研究は、世界初となる天文学的スケールにおける相対性理論の検証だ。





世界初となる天文学的スケールでの検証



 NASAハッブル宇宙望遠鏡とチリにあるヨーロッパ南天天文台の大型望遠鏡から得られたデータを用いることで、遠く離れた銀河においても、理論的に予測される通り、重力が太陽系におけるものと同じように振る舞うことが明らかにされた。



 一般相対性理論の検証は、ダークマターとダークエネルギーの存在を裏づける新たな証拠にもなる、とコレット氏は話す。ダークマターとダークエネルギーは、宇宙論の標準モデルに存在する「変わりもの」だ。



4_e2
ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた銀河のLRG 3-757からの重力レンズ
image credit:ESA / Hubble&NASA


 標準モデルとは、宇宙において基本的な力と粒子がどのように働き、相互に作用するのかを説明する理論で、私たちが観察したり、実験したりした内容を記述する。



 しかしダークマターとダークエネルギーについては理解が乏しく、現在の宇宙論における最大の謎となっており、ひいては標準モデルの信憑性を疑わせる結果にもなっている。





ダークマターとダークエネルギー



 コレット氏によると、標準モデルにおいて、ダークマターは銀河を周回する星の速さを説明するために、ダークエネルギーは宇宙の膨張が加速している理由を説明するために必要とされる。



 一部の学者からは、標準モデルのダークマターとダークエネルギー抜きで説明を試みる代替の重力理論も提案されている。





5_e0


 しかし、今回太陽系外でも太陽系内と同じように重力が機能することが明らかになったことで、今のところ重力の理解は正しく、ダークマターとダークエネルギーは標準モデルにおいても適切と考えて差し支えないようだ。



 コレット氏は、今回の発見がダークマターとダークエネルギーの確固たる証明であるとまでは言っていない。だが、それらが存在することを裏づけるまた別の証拠となるものだ。



 研究では、太陽系外で一般相対性理論を検証するために、強力な重力レンズが利用された。重力レンズとは、重い物体(今回の事例では銀河)が光を曲げて巨大なレンズのような役割を果たし、その後ろにある天体が歪む現象だ。



 研究では、「ESO 325-G004」という、地球からわずか5億光年先にある最も近いレンズの一つが使われた。



6_e0




アインシュタインリング



 二つの天体がうまく並べば、「アインシュタインリング」という輪のようなイメージができあがる。その輪の半径は光のたわみに比例しており、半径を測定できる。ここから時空の曲率が分かる。



 一般相対性理論は質量によって作り出される曲率を予測しているため、時空の曲率を測定するほかに、銀河の質量も測定された。これは銀河の恒星が移動する速さから計算された。その後で、質量と時空の曲率を比較すると、一般相対性理論から予測される質量であることが確認された。

 

universe-2742113_640_e


 つまり、私たちが知る限りは、太陽系の外でさえも一般相対性理論は重力の正しい理論であるということになる。コレット氏のチームは、今後さらに遠くの銀河とレンズを調査して、宇宙のどこでも同じように重力が働いていることを確かめたいと考えている。



 研究論文は『Science』に掲載された。




☆古典物理学の金字塔が「一般相対性理論」か!



小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


失われたアポロ計画のデータが回収され、月の温度上昇という40年来の謎が解明されつつある(米研究)
小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

lunar-surface-11088_640_e


 1971年から1977年にかけて、月で実験を行なっていたアポロ計画の科学者たちは、月面で謎の温度上昇が生じていることを発見した。



 ところが、その実験データは1974年以降に行方不明となってしまい、不可解な温暖化現象は未解明の謎のまま残されることになった。



 ところがこの度、アメリカ・テキサス工科大学の研究チームが、そのデータを発見し復元することに成功し、その謎が解明されようとしている。



 どうやらそれは人為的な要因である可能性が高いという。

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

失われたアポロ計画の「熱流実験」データ



 アポロが月で行っていたのは「熱流実験」と呼ばれるもので、月の内部で熱が失われる割合を測定するためのものだった。



 アポロ15号と17号の宇宙飛行士は、月面に2.3メートルの穴を掘り、その7ヶ所で温度を測定することを計画した。



 これは長期的な実験で、宇宙飛行士が帰還したのちも計測機器は残され、地球にデータを送信し続けた。



 アポロ15号が計器を設置した場所では1971年7月から1977年1月にかけて、アポロ17号の場所では1972年12月から1977年9月にかけて、月面と地下の温度が測定された。

 

 送信されたデータはテープに記録され、米国宇宙科学データセンターで保管されたのだが、そこに1974年12月以降のものはない。



 これ以降もテープへの記録は行われていたのだが、それがデータセンターに届けられることはなかったのだ。



 だがこのデータは大いに関心を集めた。保管されていたテープは、1971年の実験開始以降、穴のどの深さでも温度が上昇していることを示していたからだ。



moon-vehicle-67521_640_e
アポロ17号





失われたデータはワシントン国家記録センターにあった



 2010年、テキサス工科大学の研究者が驚きの発見をした。



 ワシントン国家記録センターに隠れていた440本の行方不明だったテープである。テープは1975年4月から6月のもので、全体の10パーセント未満でしかなかったうえに、劣化が激しかった。



 それでも、それから8年がかりで、いくつものデータ回収テクニックを駆使して、テープの修復が試みられた。その努力は報われ、ついにデータのほとんどを復元することに成功した。



 テープの残りは現在も失われたままだ。しかし月惑星研究所のチームによって、その一部を補うものが発見された。1973年から1977年にかけて計測機器が読み取った温度を含む、数百もの週間ログである。



13_e2
アポロ15号





1973年から1977年まで月の温度は上昇を続けていた



 復元したデータによると、計測実験が終了した1977年まで月の温度はずっと上昇し続けたようだ。



 また月面に近いほど、温度上昇が著しかったことも示されていた。浅い場所であるほど熱が早く届いていたことから、それは月内部から放射されるのではなく、月面から降りてきていることが窺えた。





月の温度上昇は宇宙飛行士がもたらした可能性



 研究チームの考えでは、宇宙飛行士によって月面の土が撹乱されたことが原因だという。



 「最近得られたルナー・リコネサンス・オービター・カメラによる2つの着陸地の画像は、宇宙飛行士の歩いた表土が暗くなり、アルベドが下がったことが示されている」と論文で述べられている。



 「宇宙飛行士の活動の結果として、表土の太陽熱吸収量が平均よりわずかに上がり、それが温度の上昇につながったのだと提案する」

 



 つまり、月面を宇宙飛行士が歩いたり、探査車が走ったりした時、表土がひっくり返り、その下にあった黒い部分が露出する。この部分は光をあまり反射せず、それどころか吸収する。このために太陽の熱が吸収され、月面の温度が数度上昇したのである。



1_e22




人類が月に行くことは月に何らかの影響をもたらす



 この発見は、人類は月に影響を与えることなくそこに到達することができない可能性を示唆している。また実験を行う際の観測者効果を常に考慮せねばならないという注意喚起でもある。



 機器を設置するというプロセス自体が、計測したい場所の表面の熱環境を乱したのかもしれない、と主執筆者のセイイチ・ナギハラは話す。将来的に月に設置される次世代の機器は、このことを念頭に設計されるだろうとのことだ。



 研究は『Journal of Geophysical Research: Planets』に掲載された。



References:agupubs.onlinelibrary / blogs.agu/

☆中国人だけは絶対に行かせてはならん!



小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


太陽の1250億倍というエネルギーを持つ超モンスター級ブラックホール(フィンランド研究)
小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

0_e1


 チリに囲まれた巨大なブラックホールは星を引き裂くと、超高速の粒子のジェットを噴出する。そのエネルギーは太陽が1年に放出する量の1億2500万倍だという。



 超大質量ブラックホールは、太陽の数百万倍から数十億倍もの質量を持つブラックホールで、ほとんどの大型銀河の中心に存在すると考えられている。



 この怪物に接近した星は、強力な重力によって引き裂かれる。これを「潮汐破壊現象(tidal disruption event)」という。



 ブラックホールが星を引き裂くと、その物質は回転する円盤を形成し、穴の中に落ちる前に明るく輝く。



 これまでの研究では、粒子のジェットが降着円盤の極から外側へ向かってとんでもない速度で噴出されるとも示唆されていた。

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス





ARP 299~BLACK HOLES and COLLIDING GALAXIES



衝突する銀河「Arp 299」を観測



 今回の研究によると、超大質量ブラックホールはほとんどの場合は、活発に何かをむさぼっいるわけではないという。



 これまで検出された少数の潮汐破壊現象は、このジェットの形成と進化について学ぶチャンスを与えてくれている。



 今回の報告に関して研究者が手にした最初の証拠は、「Arp 299」という地球から1億5000万光年先で衝突する銀河のペアを解析して明らかになったものだ。 これは、カナリア諸島のウィリアム・ハーシェル望遠鏡によって2005年6月30日にもたらされた。



5_e
Arp 299 image credit:NASA, ESA, the Hubble Heritage


片方の銀河のコアから光が放出



 研究著者であるフィンランド、トゥルク大学のセッポ・マッティラ氏によると、片方の銀河のコアから赤外線光の明るい放出が発見されたのだという。



 さらに2005年7月17日、10機の電波望遠鏡ネットワークで構成される超長基線アレイ(VLBA)によって、Arp 299と同じ位置に新たな電波放出源が検出された。



 「時間が経過しても、新しい物体は明るい赤外線波長と電波波長のままでした。ところが可視光やX線では検出できないのです」とマッティラ氏は声明で述べている。



 「最もあり得る可能性は、銀河の中心にある分厚い星間ガスとチリがX線と可視光を吸収し、それが赤外線として再放出されたというものです」



20
image credit:Bill Saxton/NRAO/AUI/NSF


ジェットを飲み込む超大質量ブラックホール



 最初、このバーストは超新星の爆発だと考えられていた。しかし、それではデータと一致しない。



 「Arp 299-B AT1」と名付けられた電波放出源を10年近く観察し続けた結果、超新星とは違い、ジェットのように一方向に拡大していることが分かったのだ。



 電波のデータは、ジェットの物質が平均すると光速の25パーセントの速度で外側に突き進んでいることを示唆していた。一方、10年が経過した超新星の平均的な膨張速度は、せいぜい光速の5パーセント程度だろうと予測されている。



 「赤外線と電波の観測に、電波ジェットの最新シミュレーションと超大質量ブラックホール周辺の埃っぽい領域からの赤外線放射の計算を組み合わせた結果、1つの現実的な説明にたどり着きました。赤外線放射と電波放射は、超大質量ブラックホールにうっかり近寄りすぎて飲み込まれている、不運な恒星の破壊に起因するというものです」

 

3_e1
image credit:youtube


太陽の2000万倍の質量



 推定では、このジェットを飲み込む超大質量ブラックホールは、太陽の2000万倍の質量がある。それは衝突している銀河ペアの片方のコアにあり、太陽の2倍以上の質量を持つ星を砕いているところである。



 「この現象で発生したジェットの形成と進化を直接観察できたのは史上初のことです」とペレス=トーレス氏は述べる。



 驚きの発見だ。Arp 299-B AT1は銀河の衝突で生じた超新星爆発を検出するためのプロジェクトの一環として発見された。



 当初、超新星だと考えられていた赤外線バーストだが、2011年になって細長く伸び始めていることが判明し、発見から6年目にして実はジェットであることが明らかになった。



 それからほぼ10年にわたり、1.5 × 10^52エルグ以上もの赤外線と電波が放出された。これは太陽が1年に放出するエネルギーの1250億倍という量である。



2_e1
image credit:youtube


潮汐破壊現象の解明に



 今、VLBAを使って、「電波源がいくつもの電波源にばらばらになる様子を目撃しています。ここから、ジェットと周辺の媒体が作用する様子を知ることができます」とペレス=トーレス氏は言う。



 この現象は、おそらくガスやチリの影響で、可視光やX線波長では明るくなかった。このことは潮汐破壊現象が理論的な予測よりも明るくない理由を説明するかもしれない。



 「赤外線や電波でないと観測できないなんて、一体いくつの似たような現象が見逃されているんでしょうね?」とマッティラ氏は話す。



 このことは赤外線望遠鏡や電波望遠鏡なら、これまで見逃されてきたかもしれない潮汐破壊現象を捉えられるかもしれないということだ。そうした現象は実は初期宇宙ではもっと一般的なことだったのかもしれない。



 研究は『Science』に掲載された。



References:phys / sciencemag/

☆全く想像できへんがな!



小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


宇宙人が存在する場所は、ガス惑星を公転する衛星かもしれない(米天文学者)
小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

no title


 科学者らは近年、私たちの太陽系にあるような土星や木星といったガス惑星を公転する衛星に地球外生命体が生息している可能性を探っているという。



 ただしそれは太陽系ではない。ガス惑星とされる土星や木星は太陽から離れており、エウロパやエンケラドゥスといった惑星は気温が低すぎる為、生命がいる可能性は限りなく低いと考えられる。



だが、カリフォルニア大学リバーサイドの天文物理学者スティーブン・ケーン氏によると、太陽系外には121種のガス惑星が存在すると推測されるそうで、これらの惑星の中には、生命が居住可能だと言われるハビタブルゾーンに位置しているものもあるという。

小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

惑星だけでなく衛星も要チェック



 我々の地球のある太陽系内には8つの惑星を公転している衛星が175個存在しているという。その衛星の殆どが土星と木星を衛星しており、太陽から遠すぎる為、生命が宿る可能性は低いそうだ。



 だが、土星や木星のような惑星が遠い宇宙にも存在していて、それらは太陽にもっと近い場所に存在している可能性もあるという。



 地球外生命体を探すのならば、惑星だけに絞らず、衛星も含める事でその可能性が大幅に上がるという。



astronomy-2061581_640_e




太陽系外惑星の衛星は観測しづらいのが難点



 こういった太陽系外惑星の衛星を観測する場合、衛星は公転している惑星と合わさった時に発生する影のみしか、地球からは観測できない。



 地球に届くほどの大きい影はそれだけ巨大な衛星によってしか得られない。こういった理由から太陽系外惑星の衛星というのは非常に観測しにくいものだという。



 サウザンクイーンズランド大学のミッシェル・ヒル氏は今回の発表について前向きにとらえている。ハビタブルゾーンにある惑星とその衛星の存在を探ることが、地球外生命体の発見につながることがわかれば、より精巧な望遠鏡の開発を後押しするであろうと語っている。



☆最近、宇宙人なんか見つけてどうすんねんと思う!



小遣い稼ぎ(自己アフィリ)ならココが一番です\(^o^)/
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

Copyright © mirojoan's Blog. all rights reserved.